トイレが近い!!我慢できなくなる!!
トイレに関する 尿のトラブルを抱えている人は、特に 中高年世代で ずいぶん多くみられます。

中高年世代

頻尿になる原因は 様々な理由がありますが 泌尿器の疾患が原因の場合、最も多いといわれているのが膀胱炎過活動膀胱(かかつどうぼうこう)だと言われています。

頻尿の原因で最も多い過活動膀胱

OAB過活動膀胱の人数最近の調査では 40歳以上の 約800万人に 何らかの症状があると 推定されており、

40歳以上の8人に1人が OAB過活動膀胱で悩んでいます。

高齢者ほど患者は多く 80歳代では 40%近くにのぼり 男性より 女性に多い傾向があります。

過活動膀胱の薬と治療方法

膀胱炎ですと 抗コリン薬などの薬物療法が功を奏し ばい菌がなくなれば 自然と症状は治まってきますが 何回もぶり返す方が多いのも実情です。

特に 高齢者は何度もなってしまう方が多いです。

過活動膀胱の薬と治療方法としましては 抗コリン薬などの薬物療法と 定時的に 排尿を行うなどの 行動療法との組み合わせが 効果的だと言われています。

過活動膀胱の原因

膀胱に尿が溜り 最大尿意を感じると 健康な人では 尿を出す為の筋肉収縮が起こる仕組みがあります。

しかし たまった尿の量とは無関係に 勝手に筋肉が収縮し 予測のつかない尿意を引き起こします。
読んで字のごとく 膀胱が過剰に活動してしまう…と いう 事態に陥ります。


過活動性膀胱(OAB)とは 強烈な尿意が 不意に起こる事が特徴で その 主たる原因は 膀胱を支配する自律神経の障害脳への伝達の異常などが考えられています。

強烈な尿意排尿に関する事柄は 人に簡単に言えないような 自分自身で恥ずかしく感じる病状である事から

積極的に医師の診察を受ける人も少なく 前は実態が明らかになっていませんでした。

2002年、この尿トラブル障害に ICS国際禁制学会で(OAB)過活動膀胱という病名がつけられました。

人知れず悩んでいる人にとって この病気は広く知られるようになり 治療もしやすくなったのです。

過活動膀胱の症状と その弊害

一刻も我慢ができない!!…と いうものから
突然 トイレに行きたくなったり
一日に十回以上も トイレに行ったり
一晩に何回も 目が覚める事があったりする。

過活動膀胱の症状があると

OAB過活動膀胱の症状外出先では トイレの場所を 常に確認しなければならない 不安感
仕事や会議 接客業など長時間の拘束
夜間頻尿での睡眠不足…などなど

尿意が我慢できない為、旅行や長時間の立ち仕事など ストレス・心の健康への影響も 次第に深刻になってきます。

日常生活にも様々な弊害が出てきて QOL(クオリティ オブ・ライフ生活の質)が 著しく悪くなります。

日常生活での様々な弊害

頻尿
トイレが近くなる症状の事で 原因は 年齢や性別、生活環境 またストレスなど 個々により違ってきます。

一日のうちにトイレの回数が頻回で 出そうとしても少ししか出ない…など。

腹圧性尿失禁
症状 
お腹に力を入れた時に 尿が漏れる。
びっくりした時 笑った時 咳やくしゃみ 重い物を持った時など。

尿道括約筋や 骨盤を支える骨盤底筋などの 筋肉の衰えが関係し おしっこが溜まった 膀胱の重みに支えきれなくなる状態。

また 出産後の女性や 肥満、小太りな方にも見られる傾向があります。

解決方法 
効果的なのは 骨盤底筋訓練方法など。
それらの筋肉をトレーニングする訓練です。

軽い尿漏れの場合は この訓練方法トレーニングだけで 改善することも多いと言われます。

骨盤底筋のトレーニングと合わせて 内服薬薬治療を行うと より効果的。

トレーニングをしても お薬を飲んでも なかなか治らない場合は 最終的には 筋肉の代わりに膀胱を支える という 手術方法もあります。

切迫性尿失禁
症状 
尿意が急に起こる、急に催してしまうなど 切迫感があり トイレに間に合わず 下着を濡らしてしまう場合もある。

切迫感と並んで 公園の噴水や 手を洗うなど 水が流れるものに関係したものを感知した時に 急に尿意を感じることもあります。

いてもたっても いられなくなる事もあり 一刻も我慢ができない!!…というのが典型的です。

混合性尿失禁
腹圧性と切迫性を混合して発症している症状。
そのため 筋力を鍛えるトレーニング骨盤底筋体操だけで改善する場合が多いです。

トイレのお悩みスッキリ解消!頻尿対策サプリメント No.1