頻尿の状態というのは 個人によって違います。

泌尿器の臓器の弱くなっている部位によって 病名も違いますし 尿トラブルの状態が違ってきますので 千差万別なのです。

尿トラブルのある人が避けるべき 飲み物

これを食べたからと言って 頻尿になる、尿トラブルが増える…という代表的な食品というのは 確立されていません。

しかし 膀胱粘膜に刺激を与えるような食品は 食べないようにしたいものです。

排尿に関する場合は やはり 飲み物に関する事で 気をつけたほうが良いという意味で挙げていきます。

アルコールやカフェインで気をつける事

ビールビール好きな人には経験あると思いますが 何杯目かのある時を境目に 飲んだらすぐにトイレに行きたくなる事はありませんか?

体がストップをかけている状態になっていますので お酒の飲み過ぎはほどほどにしましょう。

赤ワイン

赤ワインには アミノ酸の一種:チラミンという成分が含まれています。

チラミンには 排尿トラブルの症状を強くさせかねない 交感神経の興奮を大きくさせる作用があります。

チラミンが多く含まれている食品

  • たらこ・筋子
  • チョコレート
  • 鶏レバー
  • バナナ
  • アボカド
  • ヨーグルト
  • チーズ
  • などなど

成熟させたものほど チラミンが高くなる。

赤ワインアルコールの中でも 赤ワインの中に含まれているポリフェノールは 抗酸化力を高め老化を防ぐ 健康の為に大変 良い成分。

ですので 健康の為に 日本酒やビールを日課に 愛飲していた方々が

赤ワインに切り替えている…というのも よく耳にします。

赤ワインが どうしてもダメというものではなく 頻尿の治療をしている方や 集中して治したいと思っている方は その時期は 避けた方が無難でしょう。

体の調子がいい時や 対人関係でのお付き合いのある時に 断酒する必要はなく たしなむ程度にいただくようにいたしましょう。

炭酸飲料・カフェインの強い飲み物

カフェイン利尿作用が強くある事で有名です。また 膀胱粘膜を刺激します。

炭酸飲料膀胱粘膜を刺激すると言われています。

疲れたときによく利用される 瓶入りの健康ドリンクカフェインも多く 覚醒作用も強いので 刺激が強いです。

尿意をもよおすのに 尿が出ない、出ても少し…という人は 利尿作用の多い飲み物を飲めば ますます尿意を感じる率が高くなります。

カフェインの多い飲み物

珈琲

  • コーヒー
  • 緑茶
  • 紅茶
  • ウーロン茶
  • チョコレート系
  • 栄養ドリンク
  • などなど
緑茶については賛否両論

緑茶は 健康の為に 最も良い 優秀な飲み物と言われております。

緑茶

カフェインが多く含まれているのも有名で 矛盾しているんじゃないかとよく思われがちです。

ちなみに カフェイン吟有料が最も多いのは 高級なお茶とされる『玉露』

しかし 緑茶には タンニンという成分が カフェインを緩和するので 緑茶のカフェインに悪い影響はないと言われています。※タンニン:ポリフェノールの一種

カフェイン吟有料が気になる方は 麦茶などの ノンカフェインのお茶を
他には ハーブティーやミネラルウォーターなどを

通常の食事時のお茶として 採用されると良いかと思います。
ハーブティーにも 利尿作用のあるものがありますので 吟味してください。

加工された 天然ではない食べ物は摂り過ぎない

加工食品には 添加物が多量に 数種類含まれている事も珍しくありません。

化学物質に敏感な方がいて 頻尿や下腹部の痛みを 敏感に感じ取る人がいます。

現代人の食卓に 加工食品や添加物が 含まれていないものを探す方が大変ですよね。

添加物の多いとされる 加工食品

加工食品

  • ハム・ソーセージ類
  • ベーコン
  • インスタント麺類
  • パウチもの
  • 冷凍食品
  • ドライフルーツ
  • 人工甘味料
  • 酸味のある調味料
  • まるまるソース類
  • etc…数え上げればキリがありません。

かまぼこなどの 魚のすり身系の練り物も 添加物の表示を見て買いましょう。

スーパーやコンビニの おにぎりも 米だけではないのです。
白ご飯だけのおにぎりにも添加物が含まれています。

買ったものだけで 食事を済ませるのは 要注意

コンビニ弁当
ファーストフードや 外食チェーン店・コンビニ弁当・スーパーの惣菜類を 頻繁に利用する人も要注意。

頻尿に限らず 食品添加物の大量に含まれているものは 身体に良いはずがありません。

体の酸化も早まりますし 酸化は老化に直結します。

体の内部が老化していくと 頻尿や尿トラブルの要因が大きくなります。

ですので この機会に 新鮮な野菜や 無添加の食材を使う 手作り料理家食に 重きを置くように 食生活を見直してみましょう。

刺激の強いもの

粘膜に刺激を与える激辛の食べ物激辛スパイス、唐辛子、にんにく、生姜、ネギなどの薬味が 粘膜に刺激を与えます。

もちろん 全てがダメというわけではありません。

にんにく しょうがや ネギなどの薬味は 薬の味と書くように 薬効成分もあったり 食品の生臭さを防いだり 悪いものをとったりする効能もあります。

大量に取らないようにしましょう という意味合いで とどめておくのが宜しいかと思います。

お菓子などの激辛ものや キムチなど は状態が悪い時、尿の出の悪い時などは避けた方が良いです。

頻尿の症状が悪化した食品は避けるべき

チーズと赤ワインチーズと赤ワインの組み合わせが 大好物!

確かに 絶品ですので それらを取られると お酒の楽しみもなくなってしまい 余計に ストレスを感じる方もいる事でしょう。

上述で挙げた飲食物は 体の状態健康を維持する為に 大量な摂取は 大変よくない と言う意味で 一般的に知られてる『例』

ですが、全てダメと言うのであれば 食べるものがなくなってしまいます。

  • これを食べたら 体の調子が悪くなった。
  • お腹(膀胱など)が痛くなった。
  • 頻尿の症状が悪化した。

という 食べ物・飲み物がある場合は チェックしておきましょう。

例えば コーヒー好きの人は コーヒーは 利尿作用が強いから飲んではダメ!と言われても 止められるものではありません。

珈琲1日に 何杯飲んだら おしっこが近くなる、膀胱に負担がかかっている…というのが わかってきます。

前は 10杯飲んでも大丈夫だったのに 今はもう3杯ぐらいしか飲めない となってきていても コーヒー好きの人は コーヒーを楽しみたいのです。

もし ご家族の ご両親や じいさんばあさんが トイレの事で悩んでいて 何とかしたいと相談を受けた場合、あれもこれもダメ!と禁止令を多くしてあげると 気の毒です。

今まで 培ってきた 好み・嗜好品と言うのを 突然、奪わないように 譲れるところは譲ってあげて 折り合いをつけるように じっくり話してあげて下さい。
(お酒と煙草は別!)

ご本人の健康の事を考えて 言ってくれてる事は 当人もわかってるはずですので 理解するまでには 少し時間がかかるのです。(経験あり)

何事も過ぎたるは及ばざるが如し…ですので 過剰な摂取や 依存症に近い摂取の仕方は控えた方が良いでしょう。

膀胱の粘膜に刺激を与えているんだなあ…と思える食品・飲み物は 自ずと分かってくるはずです。

排尿の調子が悪くなりかかった時は 避ければ良い食品と言うのを 自分で覚えておいて 早期に防いでいきましょう。


トイレのお悩みスッキリ解消!頻尿対策サプリメント No.1