女性の トイレにまつわる悩み というのは 非常に多いものです。

泌尿器系の臓器の近辺は『急所』と言われるぐらいですから 生き物にとっては、とっても大切なところ。

30歳からの女性の排尿トラブル

便秘や下痢をはじめ 毎月の生理があったり おしっこの悩み排尿トラブルも 30歳を超えたあたりから 非常に多くなってきています。

30歳代というのは 微妙な年齢で 若くもあり 中高年に差し掛かっていると 自覚する年代でもあります。出産も経験します。

初産は20歳代でも 二人目、三人目などは 30歳を超える方も多いでしょう。
出産後に 尿漏れや頻尿を勃発する方も多くいます。

女性の体の造りと 女性のトイレトラブルの要因には密接な係わり合いが生じます。

女性の頻尿で気をつけること

膀胱周囲の臓器の異常
子宮筋腫や 卵巣腫瘍などにより 膀胱が圧迫された可能性があります。

膀胱内の腫瘍膀胱の容量が 減っている可能性があります。

interval

子宮や膀胱周辺 『へそ』周り内部の臓器の異常・病気の場合に 膀胱が圧迫されて…という 物理的な要素が加わる場合もあります。

尿の回数が多くなっているのですが 何回もトイレに行くために 尿がほとんど出ない場合や 尿の量は出ても ごく少量の場合…というのが 症状として最も多いです。

他の自覚症状はありません。

病気か 否かを まずは知っておく。

40歳を過ぎると 子宮筋腫を保っている方も多くなってきます。
経過観察で済む場合と 手術が必要な場合と こちらも人によって 対応が異なります。

女性の頻尿や尿漏れのタイプ排尿トラブルに見舞われた場合で 以前とは違和感を感じる場合は

『もしかして 何かの病気ではないかしら…?』との不安を払拭し、安心を得る為にも

泌尿器科や婦人科で 尿検査をしてもらう事をおすすめします。

腫瘍など 病気を放置していれば 大変な事になりますし、大きな病気ではない!との確定がでれば 頻尿を起こしている原因を 泌尿器系の狭い範囲で特定する事ができます。

更年期症状
45歳から50歳 前後にかけて 発症する 更年期障害に陥ると 頻尿を引き起こすケースも多いです。

女性の頻尿や尿漏れをタイプ別に見てみましょう

30歳を超えて 40歳~50歳の 中高年世代の女性の 排尿の悩みで多いのは 主に 尿漏れ頻尿です。

頻尿など 排尿の悩みを起こす大きな原因は 女性の場合で言うと膀胱炎OAB過活動膀胱が多いです。

尿漏れ

出産経験者の 約 40%
30歳以上の女性の 約3人に1人…が、経験があると言われています。

出産後の尿漏れ中高年以降の女性には よくある普通の排尿トラブルなので 悲観的に思う必要はありません。

頻尿

尿の回数が 頻回で 大変 多い症状。
年齢が行くと共に 男女問わず起こる現象です。

日中のトイレが異常に近い、もよおす間隔が 2時間以内だと 一般的には 頻尿と判断されています。

夜寝ている時に 2~3回以上 起きてトイレに行く場合は 夜間頻尿と判断されます。

神経性頻尿・心因性頻尿

膀胱炎を起こした後に、その時のトイレの不具合の経験から神経性頻尿を発症する事があります。
女性の神経性頻尿
排尿時の不快感・痛みや残尿感など 膀胱炎と同じ症状が起こるのですが

尿検査では 膀胱炎に見られる 尿の異常は認められません

軽い症状のものでは 膀胱炎と同じように 抗生剤を内服すると 自然に良くなっていきます。

過敏性膀胱

過敏性膀胱(かびんせいぼうこう)は OAB過活動膀胱の症状の一種です。

切迫性尿失禁・尿意切迫感・頻尿・夜間頻尿の症状が出ます。
薬治療が有効です。

OAB過活動膀胱から起こる 頻尿・尿漏れ

過活動膀胱とは 自分の意思や 溜まった尿の量とは関係無しに 強烈な尿意が不意に起こる事が特徴の症状です。

こうなってくると 外出も楽しめませんし 仕事もできなくなってしまいます。

どのような状態の時に 漏らしてしまうか または 急にトイレに行きたくなるか…

  • 腹圧性尿失禁
  • 切迫性尿失禁
  • 混合性尿失禁

主に3つタイプがありますので ご自分の当てはまるものを探ってみましょう。

尿路感染症

腎臓・尿管・膀胱・尿道など 尿の通り道大腸菌などの細菌が感染して 炎症を起こす病気を 尿路感染症といいます。

炎症を起こした場所によって 名称が違います。

細菌が感染

  • 腎盂腎炎
  • 尿道炎
  • 膀胱炎など

膀胱炎は 子供にも起こり 排尿をした時の痛みや 残尿感があります。

腎盂腎炎には 腰痛や高熱があります。

子供の場合

子供に熱が出ると 風邪を疑うかと思いますが 鼻水や咳など 風邪の一般的な症状がない時の発熱、また 原因不明の発熱が続く時は 尿路感染症を疑う必要がありますので 必ず受診しましょう。

赤ちゃんの場合は 感染した場所を特定できない事が多く 明確な症状がありません。
一般的にはまとめて 尿路感染症と呼ばれています。

尿路感染症の薬と治療

尿路感染症の診断・治療ですが 病院では尿検査を受けます。

膀胱炎の薬感染しいている場合は 尿に沢山の細菌や 白血球が見つかりますので それらの原因菌には抗生物質が効果があります。

抗生物質を使用し 治療すれば 一週間以内に 症状は治まります。

尿路感染症に気づかずに放っておくと 髄膜炎や敗血症といった 重症の病気になってしまう場合があるので 早期発見が大切です。

排尿トラブルは特に恥ずかしい事ではない

医療機関に行くのもためらわれ 尿とりパッドなどで 対応されている方も多いのではないのでしょうか。

尿漏れや 頻尿などの排尿トラブルは 大変 自分では恥ずかしい事と思いがちです。
しかし 年齢と共に 誰にでも起こるものですので 深く悩まなくても大丈夫です。

頻尿などの排尿トラブルに悩む

ただ 排尿トラブルトイレの悩みは 命にかかわる重病ではありませんが、

『家族そろって お出かけなども楽しみたいたいのに…』そんな計画を立ててはいても

トイレの事が 一日中気になってしまう為、生活やレジャー 仕事に支障をきたします。

QOLクオリティ・オブ・ライフ生活の質を著しく下げる症状 ということから 今では 治療方法や薬 また民間的にはサプリメントなども充実されています。

年のせいだから…と ほったらかしにせず 諦めないで 『改善の方向へ 舵を取っていける環境が充分にあるんだヨ!』という事は知っておいて損はありません。

尿トラブルは 男性 女性によって 対応の仕方が違いますし それぞれの原因が 人によっても違います。

自分は どのようなタイプの尿トラブルを抱えているのかを 知る事から始めましょう。


かぼちゃの種子イソサジミン配合女性用サプリメント