冷え性の人は 普段はあまり『暑い』とは感じないと思います。
暑くもないのに 手の平や足の裏に汗をかいてしまうといった事を
経験した事がある人は多いのではないでしょうか。

実は 冷え性体質の方は 汗をかきやすい体質でもあるのです。

冷え性なのに汗をかきやすい体質って?

汗をかくのは 体温の調節をするための 生理現象です。

冷え性の人は 身体が冷えているのに汗をかくと
更に 体温を下げるのでは?と思うのですが

冷え性の主な原因は 血行不良とよく言われています。

血行不良は身体のあちこちに悪い影響をもたらし 不具合も多くなっていきます。

血行不良になると代謝が悪くなります。

代謝が悪くなると 身体の中に水分が貯められて行きます。
この水分が身体を内側から冷やして 冷え性になります。

血液は体中に 熱量を送ります

身体の中心部分~大事な部分から優先して血液は送られていきますので 血行不良になると
身体の端の部分まで なめらかに血が行き届きません。

足先や手が冷たくなったりするのは 血液が上手く循環できずにいるからです。

代謝が低くなると 身体に溜まった水分を出そうとします。
身体が冷えると トイレも近くなりますよね。

尿として全部、排出されれば良いのですが 体内が冷えてくると
脳が危険を察知して 冷えの元凶である水分を 汗としても排出してしまうのですね。

発汗作用は もともと 体温調節の為です。

気温が温かくなってきたり スポーツしたり 暑いものを食べたりした時に 体温が上がります。
上がった体温を下げる為 汗をかいて体温を下げようとします。

これは誰にでもある普通の生理現象で温熱性の発汗です。

温熱性の発汗は 生物が生きていく上で必要不可欠なもので
上がった体温を下げる為のもの。

冷え性の人の発汗は 冷えの原因の体内に溜まった水分を排出して
下がった体温を上げるためのもの。

と言えます。

冷え性なのに汗をかきやすい体質を治すには?

身体が冷える原因の血行不良を まずは改善しましょう。

血行を良くして 代謝をあげると 身体の中に溜まった 不要な水分や老廃物が 排出されていきます。

血行を良くして代謝を上げるには

運動をする。

身体を動かさないでいると 身体が硬くなり 血液の通る道を
物理的にも狭くしてしまい血行不良になります。

冷え性の改善には 皮下脂肪を減らして筋肉量を増やすトレーニングをすると更に良い。

マッサージをする。

月に一度でもマッサージに行ってコリを解してもらい 筋肉をやわらげてもらいましょう。

お風呂(湯船)に入る。

半身浴も効果的です。ぬるめのお湯で 15~20分。

寒い季節は半身浴は 上半身が寒いですので 足湯がオススメです。

服を着たまま 足を付けるだけなのでお手軽です。
テレビを見ながらとか スマホをしながらとかでしたら 時間はすぐにたちますので。

身体の中から ジワリジワリと温まってくるのがわかり ほかほかしてきますよ。

身体を温める。

お風呂以外に 身体を温める方法として 湯たんぽなどオススメです。お腹周りや腰に。

エアコン(夏)を使いすぎない。

強いエアコン仕事の関係上 強いエアコンの中で勤務をする場合は 避けられないですが エアコンは 冷え性には厄介なものですね。

夏場は外に出ると暑いですが エアコンで身体は冷えていますので シャワーで済まさず できる限り湯船に入りましょう。

冷え性を改善するのが先決

血行不良を改善し 冷え性を改善する事が順番的には先です。

冷え性を改善する事ができましたら 余分な水分を排出するために
下がった体温を上げる作用の汗も 少なくなっていくでしょう。

冷え性は時間はかかりますが 体質改善で治っていくものです。

手汗手汗や足汗に悩む方で 冷え性の方は 寒くなってくると辛いです。
出てくる汗が冷えて 手や足が更に冷たくなってくるのです。

特に手は使えなくなる状態になると 仕事にも生活にも支障が出てきます。

そんな場合は 汗を止める制汗剤やデオドラントなどの助けを借りるの ひとつの方法です。
場面によって使い分けていきましょう。