ワキガは病気ではなく 体質である!と言われています。
ですので 治療や手術が必要なのかと言えば必ずしもそうとは言い切れません。

体質ならば 体質改善ができるからです。

食べ物と 体臭・臭いは かなり親密な関係があるよ!と言われていますので
体質改善の要(かなめ)は まずは食生活の見直しです。

わきが対策の改善方法として 一番 最初に着手したい項目ですね。

わきが改善の為の食生活の見直しとは?

動物性タンパク質と脂質を多く含んだ食事を減らす。

というのが最重要課題となります。

動物性脂肪の摂取量が多いわきがの重症度が高くなるに従って アポクリン腺が大きく発達しており その密度も高くひしめき合っています。

欧米人や黒人の汗腺が 太くて大きく発達している原因は 日本人やアジア系諸国の人より 動物性脂肪の摂取量が多いからです。

皮脂腺の働きを活発にさせて そこから出る脂分の成分は エクリン汗腺とアポクリン汗腺、二つの汗腺を刺激し、汗の臭いや わきがの臭いを強力にしてしまいます。

そして、たんぱく質が肝臓で分解されるとき 熱エネルギーが大量に発生されます。
汗の原因となるのはこの熱で たんぱく質を摂り過ぎると 汗多の原因にもなります。

日本人の体臭・ニオイが外人に比べて 強く無いという事は 食生活が関係しているのは明らかです。

和食和食文化の良い影響からですね。

昔の日本食・和食が 世界各国で『健康の為に良い食事』として奨励され 見直されているのですが、

肝心の日本人は 逆行しているような 食事体系になっているところが 残念ですよね。

野菜を中心に 魚類や山菜など 一汁三菜とは よくできたメニューで おばあちゃんが生娘だった頃の 昭和の時代の食卓を見習って 習慣づけていければ 体質改善は徐々にできあがっていきます。

臭いを抑える食べ物・食事 4選

オススメの 4食材は

  • 梅干・豆類・きのこ類などのアルカリ性の食品
  • めかぶなどの 海藻・昆布類・ネバネバ食材を毎日摂る。
  • 野菜緑黄色野菜をたくさん摂る。
  • 緑茶カテキンの消臭効果

アルカリ性の食品を中心とする。

きのこ類

アルカリ性の食品

豆類・果物・きのこ類・野菜・海藻昆布・梅干・インゲン・椎茸・ほうれん草・大豆・バナナ・里芋・他

肉類が酸性の食品ですので アルカリ性食品を摂ると 中和されて臭いを抑えることができます。

最も有効なのが 梅干梅干

pHは酸性度合いを表す数値だが、7が中性、7より小さければ酸性、大きければアルカリ性である。 参照:Wikipedia

緑黄色野菜をたくさん摂る。

ビタミンC・ビタミンEを含む野菜類はおすすめモロヘイヤ・パセリ・しそ・なす。ブロッコリー・他

緑黄色野菜緑黄色野菜はナトリウム、カルシウム、カリウムを多く含んでいます。

脂肪が吸収される前に程よく排出を助けたり 血液サラサラ効果も良いです。

食べる順番も大切で お肉やご飯の前に 先に野菜を食べる習慣をつけましょう

内臓脂肪の減少にも良いとよく言われています。
青汁飲んでもよいですね。

海藻・昆布類を毎日摂る。

海藻・昆布類はめかぶアルカリ性ミネラル分を多く含んでいる。

メカブや もずく、オクラなどの ぬるぬる系は 血液中の中性脂肪などを整える成分も含まれていて 体臭予防に効果があると言われています。

メカブや昆布などの海藻類もアルカリ性食品です。

カテキン効果

お茶緑茶に含まれるカテキンは消臭効果がある事は有名となっています。

食事の時は 特に子供さんには お茶を飲む習慣を身につけましょう。

緑茶の茶葉を ミルなどで挽いて 味噌汁に入れたり ふりかけにしたり という そのまま食べてしまう健康法などあります。

緑茶はカフェインが多いとされていますが カテキンの一種 タンニンと結びついてカフェインを緩和されるので 緑茶は一日何杯飲んでも良いと言われています。

臭いを強くさせる作用のある食べ物・食生活

高タンパク、高脂肪の酸性食品を多く取り過ぎない。

肉類や卵・魚・穀類(麺類 ごはん パン)などは 多く取り過ぎない事です。

赤身の肉類 – 豚肉・牛肉

カルビ肉赤身肉の特筆すべきところは ダイエット成分としても有名なカルニチンが多く含まれるところにあります。

脂肪分の多い霜降りや 脂身などを避けて『赤身の上質なお肉を食べなさい』とは よく言われることですが

カルニチンの大量摂取は 体臭を増強させることが判っていますので 肉系が欲しい時は 白味の鶏肉など選ぶようにしましょう。

乳製品 – チーズ・牛乳

チーズチーズは腋臭の臭いを増幅させる…と 経験則から色んな所で言われていますので過剰に摂取するのは避けましょう。

発酵乳製品であるチーズは 腸内の悪玉菌を活性化させてしまうと言われています。

牛乳も 栄養も高くて 健康やお腹に良いものと 昔から 奨励されている飲み物ですが

ミルク牛乳を消化する消化酵素が極端に減るか 持っていないか 日本人の95%は 牛乳を正しく消化できないようです。

牛乳を飲むと激しい下痢をする 乳糖不耐性という症状があります。

はずかしながら 実はワタシがそうです。牛乳が大好きで お茶代わりに毎日 ゴクゴク飲んでいたんですが ある日を境に そうなってしまいまして 今では飲めません。

消化不良のまま 腸の中で腐ってしまって 強い体臭の原因となるようです。

臭い、刺激の強いもの – ニンニク・キムチ

健康促進の王様といわれる 元気の源 大蒜(アリシン)ですが

ニンニク臭いのモトとしても 世間に認識されています。

大蒜を食べると 消化・分解の時に ガスが発生して 血液中に臭い成分が隅々までいきわたり 毛穴や汗腺から強烈な臭いを放つ事となります。

この臭いは 1~1.5日続くと言われていますので 翌日の予定を考えて 臭いが出たら困る場面では避けたほうが良いですね。

健康の為には 優れた効果を発揮しますので ニンニクを除外するのは大変 残念ですが 腋臭のニオイと大蒜の臭いが混ざったら…

油脂

オリーブオイル動物性タンパク質と脂質を多く含んだ食事を減らす。
というのが鉄則ですが 身体の為には 脂も摂らなくてはいけません。

動物性脂肪を減らして 体の酸化を防ぐ脂質である エキストラバージンオリーブオイルエゴマ油・ココナッツオイルなどが良い。

植物性油に多く含まれるリノール酸

動物性油と比較しても 安全で健康的なイメージの植物性油ですが リノール酸が問題となります。

リノール酸は血中に吸収される前に 酸化してしまい 臭いのモトを作ってしまいます。

その後 血液中に吸収されて コレステロールなど血中の脂質の濃度を上げてしまいます。

その他・わきがの臭いを抑える食生活で気をつけること

  • 納豆
    納豆は 多汗症対策にも良い食材で 毎日食べたい食材です。ですが
    わきがの人は たまに 納豆の臭い成分が出る人がいるようです。
    そんな時は ニオワなっとうなど ニオイ成分の無いものを。
  • 味噌
    納豆や味噌、ヨーグルトなどの醗酵食品は 臭いの為にも身体の為にも 毎日食べたいオススメ食材です。

    どうしても お肉が食べたい時、また子供さんは成長の為にも お肉は必要です。最小限に留めたいですが 禁止にしては可愛そうです。

    そんな時は 味噌を使って成分を柔らげると良いです。
    キャベツたっぷりのホイコーローなどオススメ。

  • 添加物(有害な)を多く含んだ食品
    インスタント食品・ジャンクフード・スナック菓子などはやめる。
  • 偏食を改める。
    好きなものばかり食べる習慣。満遍なく栄養のバランスを考え できるだけ多品種の食材を食べる。
  • 胃に負担をかける食べ方。
    胃袋早食い・大食い・ため食い・夜食。食事が不規則で 毎日 バラバラ。一日三食 毎日 決まった時間に 規則正しい食事を。
  • 糖分と塩分の摂りすぎ。
    味付けが濃い食事。おやつ大好き。
  • 酒・タバコ。
    酒クサイ、ヤニくさい、おっさんくさいのモト


コレを1個 食べたら わきが臭がなくなる…と いうような
魔法の食べ物は 残念ながらありませんが

ワキガを誘発する食事や内容は そのまんま 今の自分の食生活に当てはまってオドロイた!…という方が多いのも現状なのです。

今日は臭いがきつかった! 今日は 少しマシだった… などなど
昨日 食べた食事の内容が関係しているかもですね。

食事と臭いの関係は深いので 毎日 少し考えてから…
メニューを決められる事をオススメします。