足のうらには アクポリン汗腺が多い箇所であり 臭いのある汗をかく部位です。

仕事終わりの臭いのある足汗

足の裏の汗は 精神性発汗がほとんど

気温が高い時、また 緊張した時や驚いた時などに 手の平に汗をかく 精神性発汗 と言う類の発汗作用があります。
交感神経の過剰反応とも言われています。

足の裏も同様で たくさん汗をかくようです。

一説には 手の平の汗と足の汗は リンクしている場合があって 手汗の手術をした人が 足汗も軽減したと言う事がよくあるようです。

しかし この場合は 手術の後遺症による 代償製発汗という症状がありまして 手汗は止まり出なくなった代わりに 違う部位から出る汗が ハンパなくスゴイという、、、

精神性発汗や 多汗症状の汗は エクリン汗腺の汗です。
足の裏というのは ワキ汗と同じ様に エクリン汗・アクポリン汗、双方の汗腺が 活発に汗を出す部位です。

足の裏の汗が臭くなる原因とは?!

足汗は かいたばかりの時は 臭いはありません。

足裏の汗が臭くなる原因足足の裏は かかととか足の側面とか、古くなった角質が 硬くなって残っていたりします。

その角質や皮脂が 足についている雑菌と汗によって 分解され酸化し においを発生させます。

足汗の臭いの正体は 角質です。

角質エサ
原料
繁殖の環境

言い換えれば このようになるでしょうか。

足は 靴下を履いて 靴を履きますので 菌が繁殖するのには好条件な『高温多湿』の状態。

革靴やブーツで 足は囲まれ 通気性が悪くなります。

足の温度も上昇し、汗をかいても蒸発できずに 湿気が生れます。
温かくて ジメジメしている環境です。

この環境で 白癬菌などが住み着いたら 水虫になります。 要注意です。

仕事終わりの足汗のニオイを作る環境を 放置しない事

靴を履いている時間外回りの仕事の社会人や 働いてる主婦、学生さんなど 靴を履いている時間は 長時間に及びます。

仕事から帰って 靴を脱いだ瞬間に モアッ、、、としたニオイに 不快になり 憂鬱になったりします。

体臭の中でも 足の臭いは 自分でも気がつきやすい、ニオイだと思いますが どうでしょうか。

仕事(外)から帰ってきたら まず先に 脱いだ靴に 脱臭効果のあるものを入れて湿気を飛ばし、靴下を脱いで 足を お湯で洗い流す事をオススメします。

疲れて返ってきているので まずはソファなどに座って 一服、、とか ビールを一杯とか、、、したいところですが ワタシの場合は ただいま~~と言った後は 風呂場へ直行いたします。

お湯で 足を 洗い流すだけでもスッキリしますので 気分的にも楽になります。
お風呂は後でゆっくり入ります