不眠症 - 2つのタイプと4つの種類

不眠症には 一過性の不眠と 慢性的な不眠の 2つのタイプに分類されてます。
一過性の不眠は 誰でも 経験した事があるのではないでしょうか。

子供の頃、運動会や 遠足の前の日など 寝付けなかった事とか 記憶にあると思います。

不眠症環境が変わったとか 気持ちが 高ぶってたり 何か 気になる事があった時に 一過性の不眠は起こります。

昨日、朝まで遊んでて その晩は眠れずに また朝まで起きてしまった…昼と夜が逆転してしまった とか 自分の責任の場合もありますよね。

ほとんどが 自分で 原因がわかる場合が多く 数日すれば 解消するはずの 一時的なもので 問題はないと言えます。

数日~数週間 程度続く事もありますが 慢性的に 長引く事がなければ 大丈夫です。

一過性の不眠の原因 いろいろ

精神的な大きなダメージによる事

  • 家族の不幸や
  • 病気告知
  • 事故
  • 借金
  • 詐欺 …etc

かなりの緊張感による事

  • 入学試験
  • 重要な会議
  • 就職試験
  • 仕事の面接
  • 裁判 …etc

環境的な要因によるもの

  • 温度・湿度の不快感
  • 熱帯夜・冬の寒さ
  • 暴走行為
  • パトカーやサイレンの音
  • 近隣住民の騒音トラブル
  • アパートなどで 2階の人の階段を駆け上がる音 …etc

睡眠時間の変化による事

  • 時差ぼけ 海外旅行
  • 昼夜逆転生活
  • 夜勤に慣れない …etc

病気によるもの

一過性でも 不眠の原因となります。
お医者さんにかかっている場合は 睡眠薬を処方してくれます。
最近の薬は 安全性も高く よく効きますので 我慢をせずに
ぐっすり睡眠をとって 病気を退治するほうが良いです。

不眠症 4つの種類

不眠症症 4つの種類

不眠症の原因は 色々ありますが 精神的なストレスや 緊張がある場合が 一番 多いと言われています。

他には うつ病や 統合失調症などの 精神的な疾患 また、睡眠時無呼吸症候群などの病気が原因の場合も 眠れなくなる場合が多いです。

入眠障害

「寝つきが悪い…」とは よく言われます。 布団に入っても なかなか寝付けない というのがこのタイプ

不眠症では この症状が 一番多く 入眠時の寝付きについて 悩んでいる人が 最も多いです。
しかし 一度 寝入ってしまうと 朝まで起きない という人も多いです。

熟眠障害

「眠りが浅い…」これも よく言われると思います。
入眠障害の人のように 寝つきは悪くは無いのですが 熟睡ができていません。
睡眠時間は 長く取れてますが 疲れが取れにくい また 目覚めも悪く すっきりしない というタイプ。

中途覚醒

夜中に 何回か 目が覚めてしまうタイプです。
夜中に 何度も目が覚めてしまうので 逆に疲れてしまう…といった症状です。
「夜中に ◎◎回もトイレに起きてしまうのよ~」という 頻尿タイプとは また別です。

早朝覚醒

長い時間 眠れないタイプ。

寝付きも特に悪くなく 熟睡もしているのだけど、朝 自分の起きようとしている時間より 早く起きてしまって そのまま 二度寝ができない状態です。

不眠症も 放置しておいたら悪化します。
何より 眠れなくなれば 体もしんどいですよね。
「不眠症かもしれない…」と 長らく悩むのであれば 無理をせず
専門の病院などで受診されてみてください。