体の臭いは 汗と皮脂と菌によって成り立っていますが
汗を製造する汗腺には エクリン線とアポクリン線という
ふたつの汗の通り道があります。

フェロモンの匂い

エクリン線とアポクリン線は それぞれ出る汗の役割や
出る部位、成分も違います。
一般的に 人がかく汗は 普通の汗でエクリン汗と呼んでも良いでしょう。

アポクリン汗は アポクリン汗腺を持っている人や 発達した人が かく汗です。

アンモニアなどの成分をはじめ 臭いの成分やミネラル成分が出てきますので 肌をアルカリ性に傾けます。
アルカリ性の肌は 雑菌が好む性質で 繁殖・分解されて酸化し、強いニオイを発すると言われています。

エクリン線は体全体に満遍なく存在していますが
アポクリン汗腺は 体の特定の部分に位置します。

アポクリン汗腺は脇の下脇の下が最も多い特定の部位ですので わきがの症状に悩む人も多いのです。

わきの下以外にも ニオイがきつくなるところがあります。

この匂いは 生物として
自分の存在を異性にアピールする為のもの、また 縄張り意識を強調するものとして発せられていたようです。

しかし 今の現在ではその必要性もなくなってしまいました。
必要性どころか 持ってる人にとっては むしろ いらない匂いになっています。

ニオイの発生源 ⇒ アポクリン汗腺が集まっているところ

足・かかとや指の間

足の裏は 皮脂腺、アポクリン腺が集中しています。

靴下や靴を長らく履くので 雑菌が繁殖しやすいですね。
靴を脱いだときの ムワ~~とした感触は 自覚できやすい部位です。

汚れやすい上に 臭いが落ちにくい。
足の臭いケアだけでなく、靴・靴下 ともどもに 3つ巴のケアが必要となります。

鼻の両側・小鼻

イチゴ鼻と呼ばれる箇所で 毛穴に皮脂がたまりやすくアポクリン腺も多くあります。
灯台下暗しでなぜか臭いがあるのが 自分ではわかりにくい部位。

耳の後ろ・耳の中

皮脂腺、アポクリン腺が集中しています。
雑菌が繁殖しやすい。
臭いが自覚しずらい部位であり 汚れやすい上に 臭いが落ちにくい。

香水などつける時に よく耳の後ろに付けたりしますが
ニオイの発生しやすい場所だったのですね?!

お風呂に入っても無意識に あまり洗わない箇所でもあります。

股間・デリケートゾーン・乳首のまわりなど

フェロモンゾーンと思われる部位で アポクリン腺が集中しています。
素肌でいられる部位ではないので 蒸れ易い。
細菌も繁殖しやすい部位。

わき

人間の本当のフェロモンゾーンと言われるのは 対面したときに
相手の鼻に近い部位である ワキだそうです。

腋の下はアポクリン腺が最も多い部位です。
ニオイが異性を惹きつける生物としてみれば 理にかなっている事でもありますね。

両腕で閉じられていることが多く 汗をかきやすい部位でもあり
発散しにくい部位ですので 雑菌が繁殖しやすく 臭いか強く出ます。
利き腕のほうがアポクリン腺が発達しやすいようです。


世界三大美女の一人 楊貴妃は 独特の体臭があった!

古代中国の美女、楊貴妃が「体から良い匂いを発していた」というのは腋臭だったのではないかという逸話がある。これは当時、楊貴妃の腋臭を「臭くて、不潔なもの」ではなく「魅力的と感じられる体臭要素」と捉えていたと考えられ、実際に楊貴妃は自分の為に作らせた風呂もあったほど、清潔にしていた。

参照:Wikipedia