巻き爪・陥入爪の違い

爪が皮膚に刺さって炎症を起こす陥入爪(かんにゅうそう)と、
爪が内側に異常に湾曲してしまう 湾曲爪があります。

巻き爪 治し方

陥入爪 爪の両端が 皮膚に刺し込みで生じます。 食い込んだ爪の周囲に 痛みや赤み、腫れがみられます。 悪化すると 巻き爪部分が化膿します。

巻き爪 爪の先の部分が 内側に巻き込んだ状態。 湾曲した爪が 足の指の皮膚を 挟むようになり、痛みを出したり 炎症を起こしたりします。

巻き爪・陥入爪にならない為に『深爪』はしない事です。

爪はなるべく四角く切りましょう。
巻き爪の原因は深爪・靴による圧迫・足を強打・体質など様々です。

陥入爪と 巻き爪は 何科に行けは良いのでしょうか?

形成外科,整形外科,外科,皮膚科などで診療します。
また ネイルサロンでも 矯正を実施されています。

陥入爪の手術は整形外科、形成外科などで 多く手がけられるようになりました。
現在では 何科の医師でも治療を行っていますが、具体的な治療方法は色々です。