水虫の原因は白癬菌

水虫の原因は 白癬菌(はくせんきん)という カビの一種が付着する事により起こり始めます。
白癬の原因菌は 十数種類ありまして 5~6種が 日本では知られています。

水虫の原因は白癬菌

足にできる足白癬とは 皮膚糸状菌です。
水虫は 足以外にも 感染する事があります。

白癬菌に感染したと言っても 自覚症状がすぐに出る訳ではなく 長い期間
皮膚に潜伏して 普段は表に 出てきません。

白癬菌は『高温多湿』を好みます。

  • 激しいスポーツをしたり
  • 長時間 革靴を履いてたり
  • 足をずっと締め付けて 蒸れたり
  • 雨など 靴の中や靴下が濡れたまま 放置
  • …などなど

白癬菌が好む環境が整った時、増殖をし始め 水疱ができるなどの 水虫の症状がでてきます。

水虫の種類

水虫に感染した女性は かなり増えている

これは パンプスや革靴、ブーツが流行っている事もあり 通気性が無く 足を締めつける靴を

社会に進出する頻度が多くなった事で 女性が長い時間 履き続けている機会が増えたのが 原因の一つとなります。

水虫は 夏になると症状が悪化し 繰り返します。