インフルエンザと普通の風邪はどう違うの?

インフルエンザは 感染力が強いのも特徴で
空気感染で起こる、肺や気管支などの呼吸器の病気です。

インフルエンザの潜伏期間と症状

インフルエンザの対処法image01

通常の風邪 は ほとんどが 接触感染です。

鼻の穴から 喉の奥までの炎症で、色々なウィルスが 喉や鼻などから 感染し 風邪をひきます。
潜伏期間は 4~5日程度です。
熱は 37度代~38度代で、症状は 次第に 重くなり、鼻水や咳などの症状があり、鼻水は 透明感があるのが 通常の風邪の 特徴的です。

インフルエンザ は、A、B、C型のインフルエンザの感染によるものです。

潜伏期間は1~3日程度で、突然 38度以上の高熱が出て、寒気や筋肉痛 全身のだるさなどを伴います。
子供の場合は 急にぐったりしたりします。

インフルエンザは 全身の症状が出た後に 咳や鼻水の症状が 出る事が多く、
鼻水は 緑色や黄色の濁った色をしています。

インフルエンザは 熱は 1週間程 続きますが 症状は2~3日で落ち着きます。
2日目までは熱が高く、3日目に少し下がって、4、5日目に
また上がるといった ふた山状態のパターンが多いのも特徴的です。

風邪よりも インフルエンザの方が症状が重く、合併症を引き起こすと事も
ありますので、インフルエンザかもしれない、、、と思った場合は、医療機関を受診しましょう。

パンデミックなどの 感染症対策グッズ を扱う楽天市場

インフルエンザの対処法image02

気をつけなければいけない子供の病気で 毎年 決まって流行するのが、インフルエンザの存在です。 普通の風邪とインフルエンザは、ウィルスや症状など大きく異なります。

インフルエンザから 命にかかわる病気になる事もあるので、小さな子供や お年寄りのいる家庭では注意が必要です。 新型インフルエンザによるパンデミックに備え、何か 対策は とっていますでしょうか?

ネット通販で 今や 知らない人がいないぐらいの大手の 楽天市場ですが インフルエンザ、パンデミック対策商品を 専門的に扱っているお店があります。 インフルエンザの 感染症対策用の防護セットや、保存水、非常食なども置いてあります。

そのようなインフルエンザの 感染症対策用グッズなどは 店頭では なかなか手に入らないものでも 通販では比較的 専門的にセット購入しやすい為、対策商品は 通販で手に入れるのが便利になってきています。

楽天市場で扱ってある インフルエンザ対策の商品は 非常に種類が豊富です。 インフルエンザやパンデミックなどの 感染症の 大流行が起こった場合、考えられる事として 薬局はおろか 病院にすら出向く事ができないという事態が予想され また ほとんどの交通機関が 麻痺してしまう恐れがあります。

インフルエンザやパンデミックなどの感染症が 充満している時には 感染していない状態の人でも 生身の状態で外出すれば、即、感染の可能性があり、それがまた、家族にもうつってしまったり、、と とても危険な事にもなります。 通販の存在は こういうときに威力を発揮し 対策用の商品を 感染症の危険がほとんどない状態で手に入れる事ができるのです。

楽天市場の 最大な長所は、取扱商品の豊富さですが それに加えて、ある程度の量もセット販売品の購入で確保できる事が挙げられます。また、あらかじめ 組立て式トイレや 危機に備える為の商品としての避難用品など 災害対策アイテム、防寒用商品も揃ってあるので、準備としては万全です。

インフルエンザやパンデミックなどの感染症が 大流行し 非常事態に陥った場合、必要になるものとは 何でしょうか?私が考えるところとしましては 非常食や 飲料水などはもちろんですが マスクが非常に必要になってくるかと思われます。

周りの人にうつさない と言う事は 結構 重要だと思います。 マスクは 沢山のがいるようになるでしょう。

新型インフルエンザによるパンデミックに備え、遠くない将来に起こり得る事態に 対策商品の購入を検討しておく事をオススメします。

インフルエンザの予防法

インフルエンザの対処法image03

インフルエンザの予防には、予防接種が第一ですが、それだけでは不十分です。

重症になる恐れのあるインフルエンザは、子供にも親にとっても 気をつけておかなければいけない病気です。

寒くなってくると、風邪をひく季節が到来し 病気になってから初めて インフルエンザウィルスの恐ろしさに気がつくものです。

毎日のちょっとした事で 風邪のウィルスや インフルエンザやに感染しないよう 簡単にできる予防法がありますので 子供と一緒に 実践していきましょう。

うがいと手洗い ・・・ これは基本であり最も大事な事です。

  • 外から帰ったら、まずはうがいと手洗いを習慣ずける。
  • 手洗いの方法 ・・・・・ 石鹸で指の間や爪の間まで、しっかりと洗う。手を洗ってない人に比べて 1日5回手洗いする人は、風邪をひく確立が 45%も少ないとの調査報告があります。
  • うがいの方法 ・・・・・ のどの細菌を減らす為に、うがいは 1分程度するのが効果的。紅茶や緑茶でうがいをすると カテキンの殺菌作用があるので より効果的です。

温度と湿度に気を配る。

  • お部屋を温かくして、湿度を上げる。
  • 温度:20度~24度、湿度:60~70% を保ちましょう
    ・・・・・ ウィルスを死滅させるのに最適な数値です。

湿度を上げる ↓ 簡単で効果的な方法

  • 加湿器を置く
  • 霧吹きスプレーで水を噴霧する
  • ストーブを置いている場合は ヤカンをかけときましょう。
  • 濡れタオル ・・・・・ 3枚くらいの濡れタオルを部屋に中に 干しておくと 湿度が50%程度になると言われています。

寝る前、起きたとき

  • 子供を 寝かせる前に、温かい飲み物を飲ませておくと効果的です。
  • 目が覚めたら水分を取りましょう。水が良い。

一番 風邪を引きやすいのは 夜中です。 朝、急に 声がガラガラになってたなど 子供が起きてきた時に 体調が変化している事はよくありますね。夜中の2時~4時頃は、体が乾燥していて ウィルスが増殖しやすい時間帯なのです。

インフルエンザの特効薬「タミフル」は安全か?

タミフルを服用すると、回復が早いと言われています。
タミフルは インフルエンザにかかって 48時間以内に服用する必要があり、症状も軽くすむようです。

しかし タミフルの使用中止を求める声が 2007年3月、出始めました。
テレビのニュースなどで タミフルの安全性が疑問視されるようになった事は 記憶にも新しい事でしょう。
子供に異常行動が起こったり 突然死したりと、世の中を不安の渦に巻き込みました。

タミフルは 子供にとって怖い病気であるインフルエンザに 特効薬として登場しましたが それ以来タミフルをめぐって さまざまな意見があります。
子供に服用させてよいのか、不安に思ってしまうのも仕方がない事です。

厚生労働省薬事・食品衛生審議会安全対策調査会の報告

インフルエンザの対処法image04

2007年12月の報告によると、異常行動が現れる確率は タミフルを服用した時と していない時とでは違いはなく、むしろ タミフルを服用した時の方が そのような症例が 少ないとの結果が出たという内容です。

生死にかかわる事もある 10歳未満の子供がインフルエンザにかかった場合、タミフルの服用は引き続き推奨されています。

異常行動とタミフルとの因果関係は、未だ解決されていないままですが、子供の行動を インフルエンザが発病して2日間くらいは 親がしっかりと監視しておく必要があります。

「リレンザ」という薬が その時期、タミフルによる異常行動が問題視された時期から、よく使用されるようになりました。

リレンザは、使い方が面倒な為に あまり使われていなかった 吸入タイプの薬ですが、インフルエンザウィルスの特効薬としてタミフルと同様に、使用される薬です。
しかし リレンザも、異常行動の報告がタミフルと同じようにあり、その因果関係ははっきりしていません。

どのような薬を使うにしましても、インフルエンザにかかった時、親の勤めとしまして 子供の行動や様子を しっかりと見守っておく事が 非常に大切な事であると認識させてくれた という事です。

TOP