手は 当たり前の事ですが 日常的に使うものです。

手のひらは 何かをする時 絶えず使われている為、手汗の解消や対策に 何かを塗ったりする場合、塗って それから じ~~っとしているわけには行きませんので 困難な部分が多くなりますね。

塩化アルミニウム

制汗効果のある 塩化アルミニウム

手汗や足の汗、わき汗の多汗対策の制汗剤として 昔からよく使われているものに 塩化アルミニウムという薬品と ミョウバンがあります。
病院での治療法としても よく使われていますが 使われた事はあるでしょうか。

塩化アルミニウム薬品ですが 医薬品ではありません。

ミョウバン料理のあく抜きなどに使うもの。

どちらも 希釈して水溶液として使用するもので 手汗や足の汗、わき汗など 汗の多いところに塗布します。

塩化アルミニウムの効果的な使い方

塩化アルミニウムは大きなドラッグストアなどで取り扱っています。500ml:20%の溶液で販売されています。
近所の薬局では置いてないかもしれませんが。

多く汗が出る手汗など 夜 寝る前に塩化アルミニウム液を充分 塗布します。
朝 必ず 洗い落とします。そして 仕事など 出かける。

塩化アルミニウムは 塩を結晶化することができます。
塩分は汗に含まれますので 結晶化してくれると 手のひらに汗をかいた時に エクリン汗腺に フタをしてくれる効果があるとの事です。

夜寝ている時は 手汗に見られる 精神性の発汗は あまりありませんので 汗腺に充分に入り込んで制汗してくれるようです。

塩化アルミニウム水溶液を使用する際の注意点

塩化アルミニウムは 手汗の多い人には 皮膚に直接 塗ることで 効果もあると言われていますが、手荒れを起こしやすいので 使うときには 下記のように 充分 注意をする事も必要なのです。

  • 必ず20%以下に薄める。
  • 短時間で洗い流す。
  • かゆみや かぶれが起こったときは 使用を中止する。
  • 長時間・長期間の継続的な使用はしない事。
  • わきの下に制汗剤としてに使う場合もありますが わきの下の皮膚は敏感なので気をつける。

手荒れと言えば 水仕事をする方に多い 主婦荒れや あかぎれで お悩みの方も多いですよね。

ワタシもかなり手荒れ暦が長いです。
冬はあかギレだらけですし、春先になると水泡ができたり かゆいかゆい病になったり 最悪です!

通常 よくある手荒れは 潤い不足の乾燥が主ですが 手掌多汗症の方は 治療によって手荒れがおこるのですね。

副作用と言っても良いかもしれません。

荒れた手に 更に汗をかくと 汗が染みたり 痛かゆくなるのではないでしょうか。

手汗も辛いですが 手荒れも なかなか辛いです。
ひどい時は 何もできなくなりますし。

手荒れと手汗が Wパンチで生じた場合、慢性化する前に 使用を中断し 先に手荒れを治した方が良いかな…と思いますよ。

塩化アルミニウムが手荒れの原因となっている場合の対処

塩化アルミニウムが手荒れの原因となっている場合は 水溶液の濃度を見直してみましょう。

20%以下で 自分に合った濃度を見つける事が肝心です。

自分の手汗に制汗効果が認められ 尚且つ 手荒れが起こらない濃度が理想的ですね。

制汗効果があって 手も荒れないと言う方は 塩化アルミニウムで手汗の対策ができると思います。

しかし 長期的に使用する事を奨励されてませんし 持ち歩くのも なかなか不便な感じです。

最近では 手汗専用のパウダーやジェルなど 無添加肌に優しい
それでいて制汗効果の高いデオドラント商品が出てきています。

肌を保護しながら 汗を止めてくれると言う感じですね。
ちょっと前までは こういうものは無かったですよね。

ますます こういった 進化した制汗剤が開発されてきてくれると 汗かきにとっては嬉しい限りです。
汗を気にしないで 毎日 過ごせる時代が 早く来てほしいもんです。