下痢についての基礎知識

お通じに 水分が多くまれて 泥のような形状の水のような排便が、
一日に数回 起こる状態を「下痢」といいます。

過敏性腸症候群で起こる下痢一般的に 正常な便は 70~80%が水分で半ねり状です。
しかし、この水分量が 90%を超えると 水の様な下痢便になってしまいます。

下痢は 体に有害となる物を 早く外に出そうと 反射作用が働く為に起こります。

他にも 下痢の原因は様々ありますが 主たるものは 腸まで達してしまった有害なものを、早く排出しようとする為に 便をくだすワケですので

身体を守る為、下痢便は 時として 大切な働きとなっている事もあります。

食べすぎ 飲みすぎの時、嘔吐するのと同様の 身体の防衛反応なのですね。