40歳後半~50歳代にさしかかった女性で 最近、顔に汗をかきやすいようになった!
顔から額から汗が出るがすごいことに…など 急に 顔や頭部の汗が多くなった場合
考えなければならない事は ふたつ!!

顔や額部の汗が多くなった

顔や頭部の汗が多くなる主な原因

ひとつは 病気からくる発汗です。

甲状腺や糖尿病の疾患があった場合 顔の汗が増える事がよくあります。
健康診断の数値などから 疑われる場合は 甲状腺機能亢進症や糖尿病ではないのか?!
と言う事を 検査してもらい 病気でない事を確認しておきましょう。

もうひとつは 精神性の発汗です。

汗が出る線=エクリン汗線は体全体に満遍なく散らばっているのですが 密度の 濃い・薄い があるようです。

頭部や顔、特に『額・ひたい』の辺りは エクリン汗腺の密度が高い部位で 精神性の発汗が起こりやすいところとなります。

更年期の年代に このように悩む方がいらっしゃるのですが
お察しのとおり 更年期による 精神性の発汗~多汗症を発症し始めているのかもしれません。

40歳後半~50歳代の女性を取り巻く環境。汗が多くなる理由

更年期 40歳後半更年期とは 女性の閉経前後の 40歳後半~50歳代に起こる症状です。

若年性更年期というものもあって 30歳代から症状を発生する方もいらっしゃいます。
多くは 婦人科で診断が下されます。

更年期障害と一般に言われていますが 女性は なぜか『更年期』といわれるのがイヤみたいですね。
女の微妙な心理でしょうか。

更年期の症状として のぼせたり目まいがしたり、冷え性になったり また 全身性の多汗症を発生させる事があります。

一時的に 頭や上半身が かぁ~~と熱くなる ホットフラッシュの症状は有名ですよね。

この年代になると 卵巣機能が衰えてくる事で 女性ホルモンの分泌が著しく低下する事が原因となります。

脳からの指令で 減ってきた 女性ホルモンのエストロゲンを出す為に
卵胞刺激ホルモンが分泌されます。

しかし エストロゲンは著しく低下しているので なかなか分泌されず
卵胞刺激ホルモンが増加するという現象が起こり ホルモンバランスが乱れます。

女性ホルモンのエストロゲンやプロゲステロン(黄体ホルモン)などは 汗腺を調節する働きがあります。これらのホルモンバランスが乱れてくると 自律神経に影響します。

ホットフラッシュ

ホットフラッシュとは 更年期の典型的な症状の一つで
更年期症状を迎えた女性の 約80%が経験すると言われています。

寝ている時に すごい寝汗をかき パジャマの汗の不快感で目が覚めてしまう人もいます。

ホットフラッシュの主な原因も 上述した 自律神経の乱れにあるとされています。

発汗調整や 血管の拡張や収縮をコントロールしている自律神経が乱れると 血行不良や血圧の上昇、体温の上昇といった症状が出てきます。

更年期になって急に 汗が出るようになった!血圧が高くなった!と言う人は このような自律神経乱れや 血行不良が大いに関係しています。

40歳後半~50歳代 更年期

40歳後半~50歳代の年代は 子育てが一段落し やれやれ というのも束の間、今度は 自分の親や またご主人の健康状態などが心配になってきます。

子供さんの進学など お金もかかりますし 身の回りの事も たくさんの事が降りかかってくる年代でもあります。
自分自身も 若くもなくなってきますし 心労が一気に増えたりもしますしね。

それらの 自分を取り巻く環境によって この時期はイライラが多くなったり不安になったり。
精神状態も不安定になりますので ささいなストレスでも大量の汗をかきやすいのだとの事。

更年期の 顔や額の汗を 軽減するには?!

『更年期』が 恥ずかしいからといって ほおっておくと症状がひどくなる場合もあり 日常生活が出来なくなるほど 重症化する事もあります。

その場合は 産婦人科など受診され
更年期の症状自体を緩和、治療される事をオススメします。

更年期障害は数年間続きます。
10年以上に及ぶ事も少なくありません。

この時期の 顔汗や額の汗の対策は、普段の生活の中で行なう事ができる方法で 気長に続けられる簡単なものを習慣化してしまう事が大切です。

イソフラボンは効果的な食べ物の代表

更年期障害の症状を軽減するのに 有効なのが 納豆です。
多汗症にも有効な食べ物だといわれています。

更年期障害に有効な納豆
納豆の成分に含まれる イソフラボンには 女性ホルモンのエストロゲンによく似た成分が含まれています。

薬物によるホルモン療法に頼らずに納豆を常時、食べていると 多汗の軽減ができたり 更年期障害による 異常な発汗を予防できたりするようです。

ワタシも納豆は身体に良い!と聞いてましたので 食わず嫌いでしたが食べるようにしています。

もともと 毎日 納豆を食べつける習慣が無かったので 何ヶ月も忘れる事があります。
しかし 最近 また食べ初めて 半年ぐらいにはなるでしょうか。

納豆効果で 感じた事は ワタシ自身は 汗かきは汗かきなのですが
ベタベタした汗が減ったような気がします。

それと お腹・『腸』の調子が良くなりました。
もともと お通じは普通に良いほうでしたが 更に 状態が良くなりました。

お風呂で血行不良を解消しましょう。

精神的に辛い時期は お風呂でリラックスするのは大事にしたい時間です。
自分ひとりになれる場所で 誰にも邪魔をされることがありません。

入浴は自立神経を整えるのにも 血行不良を解消するのにも効果的です。

ホットフラッシュがあると 上半身~顔など熱くなって火照りますが 下半身や手足など 末端部分は冷えています。

上半身は火照るので 冷えているとは思わないかもしれません。
血行不良は ホットフラッシュを誘発する引き金ですので 手足や下半身をゆっくりと温め、血行を改善していきましょう。

散歩や自転車など軽めの運動を日課に

自律神経の乱れが原因で 顔汗など引き起こす事がこの時期には多いですので 自律神経を整え 活発にする事が大事になってきます。

自律神経の活性化に 一番 効果があると思ったのが ワタシ的にはヨガです。

一時期 姉と一緒にヨガ教室に通っていたのですが 更年期なのか自律神経の乱れなのか、
わけのわからない症状が、かなり軽減されました。

一年ほど通いましたが そのうち おばあちゃんの介護が始まり
あたふたしている間にヨガ教室が閉鎖しまってそれっきりですが。

近くにヨガ教室があるとは限りませんし 自己流でするのは難しい。
値段も高いので ヨガを始めましょう…というのは現実的ではないですが 可能な方には ヨガはオススメですよ。

自律神経の改善が期待できる方法で簡単なのは 軽めの運動です。
ウォーキングなどの 負担の少ない適度な運動を続けることです。

犬の散歩とか 通勤や買い物に 歩いていくとか自転車を使うとか
週のうち 半数程度、一日 20~30分程度の軽めの運動で充分です。

ホットフラッシュなど突然 やってくる汗を抑えるには

予告もなく 突然 か~~っとなってしまうので この症状は ほんとに困ったものです。
実はワタシもよくあるんですよ。のぼせたようになります。

咄嗟の対応として 有効なのは 首の太い血管(首の後ろ側)を冷やす事で その場を凌げます。
ウェットティッシュや 冷えピタなど熱取りシートを バッグの中に持っておくと良いですね。

個人的にオススメは

  • ハンカチを水で塗らして首の後ろを冷やす。または
  • 手を洗って その手で 直接 首を冷やす。です。

冷却ジェルやシートを常備した事もありますが これらはワタシには不向きでした。
なぜか 気分が悪くなってくるのです。なぜ?

なので 原始的な方法 ハンカチと手と水を採用したところ 効果があり 症状はかなり軽減されてます。

上着の首モトが塗れてもなんのその。と、お思いの方は試してみて下さい。タダですし。

更年期の顔汗は 臭う?

40歳後半~50歳代といえば 年齢的にも 汗腺機能は低下してきていますし 精神的な汗も含まれているでしょう。

ホットフラッシュでかく汗は 悪い汗とよばれる ベタベタした 臭いもきつい 不快な汗なのです。

血行不良が原因なので いたしかたありません。

楽しくおしゃべりしてて 急に人前で かぁ~~っと なる事も多いので 汗も 汗の臭いも 悩みの種となってしまいます。

ホットフラッシュでなくとも 顔や額の汗は 隠す事ができません。
人の視線が気になって はずかしい…さらに汗が出てしまう…

と言う事態にだけは 陥らないようにいたしましょう。
かぁ~~ッと ほてっても焦らないでいられますように。

interval身体の中から健康的に 外から効果的に 汗の悩みを解消していきましょう。

サラフェ+【SaLafe+】
SaLafe

  • 身体の外から 汗の防止を
  • 学校や職場、人前での汗対策に
  • デートや食事の前の汗の予防に
  • 塗って解決する部位に
  • まゆ毛が残ってる感動を!
  • 化粧崩れ・テカテカ・鼻の汗
  • 体質改善を 自力でやっていける方に

制汗ジェル≪薬用≫化粧品 サラフェ+【SaLafe+】

あせしらず
サプリメント

  • 身体の中から 汗対策を
  • 塗れない部位 広い範囲での汗対策
  • これ以上 顔に塗るのはNO!
  • 髪があるので 頭汗には塗れない
  • 野菜がなかなか摂れない方
  • 納豆が食べれない方
  • 体質改善にサプリの栄養補助を借りる

体の中から汗かきの悩みを解消『あせしらず』