顔汗の多い原因のひとつに 熱いものや 刺激のあるものを食べた時に 汗が出ることがよくあります。

顔や額部の汗はカレーを食べた

健康で汗かきではない人でも アツアツのお好み焼きを食べたり 激辛スパイシーなカレーを食べたりすると顔汗が一気に出る事もあるかと思います。

これは普通の 味覚による発汗です。
本来は 気にしなくても良い汗です。

味覚性の発汗は誰にでもある精神性の汗。

汗が出てくる要因には 体温を調節する為の全身性の発汗、局所性多汗症や精神性の発汗のほかに 味覚性の発汗 と言うものがあります。

味覚性の発汗は 味覚神経への刺激が強すぎて 異常な汗をかく場合の事を言います。

おでこや鼻の頭、鼻の下など、頭の周りを中心に たくさんの汗をかいたりしますので 女性の場合は 大変、気になります。

また 刺激の少ない普通の食事の時でも 甘いものや 酸っぱいものなど 食べた場合でも 汗が出ることがあります。

梅干を見たときに 口の中が酸っぱくなり 唾液を感じる事がありますが これとよく似た感じで 何気なく友達に
味覚による予感
ラーメン食べに行こうか?と誘われた時 自分の汗を気にする事で
『こんなの食べたら 顔が汗まみれになる』といった気持ちが 不安として出てきてしまいます。

このような 予感が生じてしまうと 層心理的に 緊張と同じ状態になり 副産物的に『精神性の発汗』が生じます。

普通の味覚性の発汗に精神性発汗が混合したもの『味覚性多汗症』と言われています。

味覚性の発汗には治療法がない?!

味覚性の発汗は 生理的な体の反応ですので 気にする必要なないのです。
多かれ少なかれ 誰にでもあることだという事を 知っておきましょう。
病院にいっても 治療法がありません。

あまりに気にしすぎると 本人の悩みが深くなってしまいますので 心療内科何など薦められたり、精神性の発汗の治療を施される場合もあります。

味覚性の発汗を引き起こすものは避ける

酸っぱいものや 辛いもの カレーやキムチ鍋など食べや時に 時間がたつと戻る事が多く 特別に心配しなくても良い発汗。

しかし 香辛料は 汗腺を刺激するために 汗をかきやすくなり 一度、汗をかくと スイッチが入ってしまい 味覚性多汗症を引き起こしてしまう 原因にもなってしまいます。

特に 辛い食事、熱い食事、刺激の強い食事、香辛料が強い食事など「やみつき」 になる事も多く 激辛食材の ブームまで 引き起こしました。

依存性を持つようになるかもしれません。
顔から半端なく汗が出たりしますし。

味覚性の発汗を引き起こす香辛料の スパイスは 適宣な適量であれば、身体や 食の極意として 良い効果を もたらす事が多いのですが、過剰な摂取になるならば 刺激の強いもの、辛いものなどは できるだけ好んで食べないようにしていきましょう。

胃腸にも 刺激が きつそうですしね。

お食事は 本来 楽しみたいものですので 汗を出しながら ハフハフ食べて 笑って過ごせればよいですよね。

あなたの汗を 見下したような 汚いものを見るかのような人とは 一緒に お食事しない事です。

『これを食べたら 汗が出てくる。どうしよう』という 予感や不安を抱えるより
『汗かきなのよ~ごめんねぇ~~』と 汗をふきふき、ある意味 開き直った方が気が楽ですよね。

…とは言っても

顔汗は気になるので ほおってはおけない

開き直ってほったらかしにし 周囲に不快感を与えるだけだと 嫌われてしまいます!

会社の女性の同僚や ママ友の中には その辺、敏感で厳しい見方をする人もいないとも限りません。
そういった方々って 汗が出なくて 涼しげな方たちなのです。
こちらの気持ちがわかりません。

何より自分自身が気になるので 気にしないでおこう…と気を遣いすぎると 余計に汗が出てきます。

事前にしっかり 顔汗を抑える 顔汗用の制汗クリームなどでケア、対処をしておく事は やはり大事です。
身だしなみと同様です。

自分で 顔汗対策として やるべき事はやっている人には 周囲の人も寛大で わかってくれる人も多い事に気がつきます。