VDT症候群の認識

VDT作業とは ディスプレイ、キーボード等により構成される
VDT(Visual Display Terminals)を使用した作業を言います。

目の疲れ VDT作業パソコン類のOA機器による、目に不快感を感じる人の訴えが 増え続けています。

VDT症候群とは
心と身体の不調を VDT作業者が引き起こす事

仕事などで 長時間 OA機器を 扱う人たちの間に 体調不良が 目立ち始めたのですが、以前は OA機器が目に悪いという 医学的な根拠はありませんでした。

しかし 時代流れの中で 「VDT 症候群(ビジュアル・ディスプレイ・ターミナル シンドローム)」 と いう症状が定義され 認識されるようになりました。

これは「テクノストレス眼症」ともいわれ、パソコンや携帯、
テレビゲーム機などの 画面を見る作業によって起こる症状です。