ドライアイの原因とは?

ドライアイ・角膜乾燥症(かくまくかんそうしょう)は、目の疾患の一つ。

現代人は目を酷使する事が多く 一般的なオフィスでは 約30%が
ドライアイと言われていますが 根本的な原因は不明です。

ドライアイの原因主にテレビ パソコン スマホなど コンピュータの画面を見続ける などの目の酷使

コンタクトレンズの装着 エアコン・冷暖房による 空気の乾燥により 発生が増加するといわれています。

コンタクトレンズを装着していると ドライアイの その率は 約40%と 更に 上回る事が 報告されています。

薬や他の病気によって角膜乾燥症(かくまくかんそうしょう)の症状が
でることもありまして 近年 画期的な 視力回復の手術方法だと
謳われてきた レーシック手術の術後にも 起きる事もあるとされています。

また 最近では ドライアイを認める症例に対しては レーシック手術を
行わない場合もあるようです。

こんな症状が出たら ドライアイと診断される?

ドライアイと診断

ドライアイの症状と診断では 以前では 5分以上かかる上に ろ紙を目に挟むなど 患者の痛みを伴ったり 医師の主観が入るなどの 課題や 諸事情が 何かとありました。

近年では改善されて 角膜上に広がる 涙の層が薄くなって 拡散する様子を測定する 角膜の形を測定する事が出来るという ソフトウエア が 既存の装置に 導入されています。

ドライアイの 自動診断装置(TSAS)を使い 10秒程でドライアイかどうかを判定 診断が出来るようになりました。

ドライアイの症状

    ドライアイの症状
  • 目がゴロゴロする
  • 光がまぶしい
  • 目の痛み
  • 視界がかすむ
  • 10秒間以上目をあけてられない
  • 目の乾き
  • 目が重たくなる
  • 視力の低下
  • 結膜炎など 目の感染症にかかりやすくなる

ドライアイの診断

  • 涙液の産生量が低下
  • 涙液の蒸発量の上昇
  • 角結膜の異常(角膜上のキズなど)