わき汗が多いから わたしはわきがなのではないかしら…
会社の同僚に 臭いと思われているに違いない。
なので 私は嫌われている…

自己臭症

自分の発するクサい臭いのせいで みんなに迷惑をかけている… と、思い込んでしまい

自分の体臭やわきがの事が 寝ても覚めても頭から離れない、
神経過敏な症状に陥ってしまう事を 自己臭症と言います。
体臭恐怖の方や 口臭の方にも多い症状です。

自己臭症は精神疾患の一つで自臭症・自己臭恐怖症とも言います。

対人恐怖症とも深い関係があると言われおり、併発にも陥る場合もあります。

自分の臭いが気になる。自己臭症ってどんな症状?

自己臭症の人は実際には そんなに強いわきが臭や ニオイを発生させているわけではありませんが 自分の臭いや体臭について 頭から離れないでいるのです。

  • 子供の頃に『くさい!』と言われた事がある方
  • 職場や学校、人が集まるところで 自分が寄ってくると スッと席を立たれたり
  • 咳払いをされたり
  • 鼻に手をあてがわれてジロっと見られたり
  • ささいなゼスチャーや仕草に 過剰なほど反応してしまいます。

わたしの臭いが原因で そのような行動を自分に対してされいる と結論づけてしまいます。

人知れず悩み 深く落ち込んでしまったり 不眠症になる方もいます。

自己臭 患者自己臭恐怖症は患者として把握されている数より多くの人が潜在的に抱えていると言われています。

その症状の特異性もあり 周りの人に気軽に打ち明ける事もはばかられます。

自分の身から出る臭いが 周囲の人に嫌われたり 不快感を与えたりするかと思うと すごいショックですし 誰とも会いたくもなくなるかもしれません。

自己臭症・体臭恐怖症と深い関係があると言われる対人関係の問題、自分自身の問題などは 下記のような状態があるようです。

  • 他人のしぐさや行動は 自分の臭いがそうさせているではないか?
    と過敏に反応し 疑ってしまう。
  • 自分の臭いを気にするあまり 人間同士の輪の中に入れず孤立してしまう。
    対人関係を皮切りに 集団や社会からも孤立してしまう。
  • 自分が臭いと思い込み、入浴や清潔対策、消臭活動に過剰になる。
    常に 体臭やわきがのことを考え どうしよう…と悩みが頭から離れなくなり 落ち込む。
  • わきがや体臭で頭の中が一杯になるので 仕事や勉強が手につかなくなる。
    日常の大事な事 やるべき事に意識が向かなくなる。

自己臭症の改善

自分の臭いのせいで 周りに不快な思いをさせていると思い込み 仕事や日常生活に支障をきたすようになると 大変 厄介で困りますよね。

本当に あなたのことを心配してくれる友人や 同僚がいれば 聞いてみると良いのですが、口を濁すかもしれないし 反対にハッキリ言われると 本当は嫌われてたのではないか…など疑ったり 傷つくと言った恐怖感もあるかもしれません。

なので 専門家に聞いてみる。

そして 自分の臭いは本当にそれほどひどいものなのか?! と言う事を
最初に明らかにする事が肝心です。

専門家とは 医療従事者です。お医者さん。
診療内科が 一番 適しているでしょう。

臭いも 臭診ですが すぐにわかりますし 臭いがそれほどでなければ カウンセリングをしてもらい 自己臭の診断もしてくれるはずです。

もちろん わきが専門のクリニックは最適です。

が、

自己臭の場合は 診療内科や精神科を紹介されるかもしれません。
診療内科や精神科が 精神的な疾患のプロなので良いと思いますが

近くになかったり 行きにくい場合は 歯医者へ行った時とか かかりつけの内科のドクターに

学生さんでしたら医務室の先生などに

自分は臭うか?
周囲に不快感を与えるよう体臭やわきが臭を発しているか?

など 相談がてら 聞いてみるといいです。

臭いの専門的なカウンセリングなどは して頂けないと思いますが 相手は医療従事者なので どうすれば良いか きちんと対応してくれるはずです。

仮に臭いがあったとしても医学的な方面から真実を知る事ができますので ○○ではないか?という自分の臭いの正体思い込み・恐怖心が緩和されるでしょう。

そうなると 不安ばかりだった気持ちが 解決したい!!という方向へ向き
正しい臭いのケアに集中する事ができます。