ワキガや体臭 臭いの悩みは ニオイを保持している本人だけのものではありません。

学校や職場などで 腋臭臭のする人から漂うニオイに 言いたくても言えずに 指摘をすることもためらわれる…

と言った悩みを抱える人も少なくはないはずです。

 一番 困るのは 当事者本人が 全く自分のニオイに気がついていないこと

悩みを抱える女性

自分の臭いは自分では分からない の不思議

人の身体は その人、特有の臭い(体臭)を持っています。
体臭がほとんどしないヨ…という方でも体臭は存在するようです。
ワキガの人もその臭いは 個人によって みな、違いがあるそうです。

ところで あなたは 自分で自分の臭いがわかるでしょうか?

人のニオイは感じても 自分のはわからない場合がほとんどですよね。

人間は 自分の臭いに気付かず、意識をしていないものなのです。

自分自身の臭いというものは 四六時中 常に間近で漂っているものなので すっかり慣れてしまっています。

わきが臭がきつい方も同様です。

あんなに すごいニオイがするのに いくらなんでも、自分で気が付かないということは ないだろう…!!

周りの人間からすると そんなに強烈なニオイを放っておいても わきが臭を持つ人は 自分自身の臭いに気付かずにいるのです。

自分が『腋臭である』事を まったく認識していない人も存在するのが事実です。

強烈なニオイ

両親や兄弟がわきがで その家に生まれた子供は 産まれたときからその中で生活して成長していきますので 本人にとっては普通の臭いなのです。

学校など 周囲のそぶりや態度で周りとは異なった臭いであると知らされる事となるのですが 臭いの判別ができずに 自覚できないまま大人になってしまった…というのは往々にしてある事なのです。

この不可思議な現象には嗅覚の働きが影響しています。

非常に強い体臭やわきが臭を持つ場合、嗅覚は順応してしまい
臭いを意識できなくなります。

ひどくなってくると

  • 嗅覚脱失
  • 嗅覚の減退

と呼ばれる状態になって 自分自身の臭いに慣れてしまい、刺激を感じられなくなってきてしまいます。

ワキガの定義 – 自覚症状のある人、ない人

アポクリン腺が多い わきが体質の人は 本人がそのニオイを気にして 初めて『わきが』と なります。

逆に 本人が そのニオイに気がついていなかったり 気にしていなければ アポクリン腺が多くあっても腋臭体質ではありますが『わきが』にはならないようなのです。

ワキ汗がにおう腋臭の自覚のある人は クリニックへ行って検査してもらうとか セルフチェックをするとか

何らかの対策を打ち 自分の臭いの正体を確かめて『決定』したいはずです。

自分のワキガのニオイに気が付いていない人は 当然ながら 自分が腋臭だとは思ってもいません。

自身の臭いを意識しませんので 対策方法に悩んだりもしませんよね。

アポクリン腺? なにそれ?って感じでしょうか?

心理的な問題もありますし 人間関係もありますので 指摘しずらいですし なかなか 難しく ややこしい話ではあります。

ワキガの自覚症状はないけれど

自覚症状自分自身では 自分の臭いを感じないのに 周囲の人の反応が 変な感じだったり 距離を置かれたり。

まさか 自分がわきがだとは思ってもないのに それとなく指摘されたりすると ものすごく傷つきます。

助けを求めようにも 周囲の人が みな同じ意見だったら 辛い事実を突きつけられた事となります。

本人の自覚によると言う『腋臭の定義』という事ですので あなたが わきがであるか わきがでないか、、、という事は 他人様が 決定する事ではないのです。


しかし・・・

臭う!くさい!というのは 他人様が感じる事で 不快な思いをするのも他人です。

腋臭体質を司る アポクリン線の有無や発達状況などは 試験切開でもしてみないと外かは見えません。

しかし ワキガかどうかもわからないのに わざわざ切開検査までする人はいません。

ワキガの自覚症状はないけれど 周囲の反応からして なんとなく 私はわきがっぽい?!
ワキガなのか何なのか 自分の臭いがよくわからない…
と 思われる方は 簡単な自己診断など されてみて下さい。

自分の臭いを知らないまま 過ごすのも この先の人生に多大なるストレスを与え続けると思われます。

腋臭体質の可能性があると思われる場合は 臭いも軽いうちに早めのケア をされた方が 気持ちが楽になります。