腋臭の原因は 汗と菌!!

ワキガは病気ではなく その人の体質です。
すぐに治療が必要な疾患ではありませんが 臭いのケアは緊急に行った方が好まれ 自信につながります。

体臭と 多汗症と わきが

わきが体臭
わきが多汗症

と 思われている方が多いのですが イコールではありません。
しかし わきがにおいとは切っても切れない間柄です。

足の臭いや頭のニオイ、加齢臭・口臭など 部位別に分けられますが 最も 他人から忌み嫌われる 体の匂いに 腋臭があります。

女性より男性の方が 汗かきは多いと言われています。
ホンルモンの関係で 男性ホルモンには 汗腺が活発に働き 発汗を多くさせる作用があるとされています。

ワキガは女性の方が なりやすい体質を持っているといわれます。女性は 腋臭体質の指標となる汗腺の数が多いとされていまして 女性ホルモンにより その汗腺が活発に働くようです。

皮下脂肪も女性の方が溜まりやすいと言われています。
皮下脂肪は汗腺や皮脂腺を刺激して 活性化させて わきがの原因であるアポクリン汗腺からの汗を出します。

ワキガや体臭・加齢臭など 臭い関係は 中年の男性のイメージがありますが 女性の方がわきが体質になりやすいとは オドロキですね。

多汗症は ワキ汗だけではなく 手や足、顔や頭にも起こります。 多汗症の人が全て 臭いのある汗をかくわけではない…という事を理解しておきましょう。

わきが だと 気づかれる前の ニオイ対策・汗のケア!

お肌に優しい制汗剤01 お肌に優しい制汗剤02

ワキガの原因は アポクリン腺の汗とコリネバクテリウム菌

ワキガを語る上で よく言われているのが 汗と菌に関する事です。

ワキ汗

人間の体から汗が出る時には 汗腺を通ります。
汗腺には アポクリン腺エクリン線の 2種類がありまして 普通に出る汗は 多汗症の人の汗も含めて エクリン線からの汗です。

エクリン線からの汗は さらさらしていてニオイはそれほど気にならないものですが 汗を放置していたり 不潔にしていたり、また 腸内や内臓が疲れていたり 、、、色んな要素が絡まって 体臭として臭いを発する事もあります。

大抵は 清潔にしたり 食べ物などの食生活や 良い睡眠を摂るとかの
生活習慣を改善する事で軽減できる 汗のニオイです。

アポクリン腺から出る汗
体温調節をする為に全身から出る エクリン線の汗とは役割が違います。

アポクリン汗は 自身の存在をアピールする『臭腺』の名残りなのですが、今は昔。
人間の進化の道筋で 不要になってしまったが為に 現在では 嫌悪感さえもたれる、
ニオイのある汗を出す役どころとなりました。

この アポクリン汗が好物な菌が コリネバクテリウム菌と呼ばれる『わきが菌』
コリネバクテリウム菌が増殖・分解するときに 独特なわきが臭が作られます。

アポクリン腺も人によって 多さも大きさも密度も違うのですが、アポクリン腺を所持している人の身体には コリネバクテリウム菌が自然に住み着いてしまうのです。

多汗症の人は 腋臭(わきが)になりますか?

「汗が多い」「ものすごい汗が出る」という人は
『汗っかきの人』と『多汗症の人』とに分類する事としましょう。

汗かきさんは 夏の暑いときや 運動をした時など たくさんの汗をかきます。
また 熱いものや刺激のある辛いものを食べたときなども 体温調節をする機能に従って汗が出ます。

それが他の人より かなり多い量だったり 滝のように流れたり、個人差がありますが 冬場など汗をかく必要の無い時は ほぼ 平穏でいられます。

多汗症とは 気温や運動した などとは関係なくダラダラダラと汗が出る状態の事があり 体温調節の必要の無いときにも 発汗が多くなりすぎた状態の事を言います。
また 精神的な抑圧を受けたとき、緊張したときなどに 尋常でない汗が出る人もいます。

多汗症は 全身に汗をかく全身性多汗症と 特定の部位に限って汗をかく局所性多汗症に分けることが出来ます。(他にも味覚性多汗症というのもあります。)

全身性多汗症

遺伝的体質、ホルモンバランスの乱れから起こるとされています。
他の病気が原因の場合もあります。
胸の辺りやお腹、背中や お尻、太ももなど 部位も広く全身にわたります。

局所性多汗症

局所性多汗症

精神的な緊張、ストレスなどで自律神経の乱れによる事が原因とされています。
頭や顔、手のひらや足の裏 脇の下、陰部など 限られた場所にのみ生じます。
特に多いのが

  • 手の平手掌多汗症(しゅしょうたかんしょう)
  • 足の裏足蹠多汗症(そくせきたかんしょう)
  • わきの下腋窩多汗症(えきかたかんしょう)

汗かきさんにも色々ありますが 多汗症であっても その汗には強い臭いはありません。
汗のニオイの原因は何か?となった場合、先に書きましたように その汗が出る線組織・汗腺の種類によって分類する事ができます。

エクリン線とアポクリン線

エクリン線

全身に分布されている汗腺で 目視では見えないほど細かい汗腺で 細かい粒の汗が出ます。
ほとんどが水分でサラサラしています。

アポクリン線

特定の箇所に分布されている汗腺で 目視で見えるほど大きくなっている人もいます。
大粒の汗で 色も透明ではなく乳白色で 粘りのある汗が出ます。

このアポクリン腺から出る汗こそ わきが臭の原料となる汗なのです。
この アポクリン線が人より発達していて 多く所持している人が わきが体質と言われる人です。

アポクリン線が 一番多く集中して分布しているのが わきの下なのです。

耳の中

他には 耳の後ろや耳の中、小鼻や 足の裏、足の指の間など。
肛門周りや 乳りん、陰部、股間などの性を象徴する箇所など。

アポクリン線からも もともとは匂いのない汗が出るのです!!
しかし 前記のように アポクリン腺の汗と常在菌やコリネバクテリウム菌と皮脂が混ざり 分解して酸化することで 強烈なニオイが発生します。

アポクリン線が多くある腋窩は 精神的な局所性多汗症による エクリン線からの発汗も多い箇所なので わき汗が多い人は 多汗症ワキガでは?と 思ってしまうのも仕方が無い事かもしれません。

ワキ汗が多くても アポクリン線が発達してない人は ワキガではない! といえます。
アポクリン腺が無い人には コリネバクテリウム菌は住み着かないのです。

アポクリン腺が多い わきが体質の人は 本人がそのニオイを気にして初めて『わきが』と なります。

ワキ汗がにおう

でも ワタシはワキ汗がにおう!! と 気にして わきが専門医の門をたたいても アポクリン腺がなければ わきがとは診断されません。腋臭体質でもありません。

逆に 本人が そのニオイに気がついていなかったり 気にしていなければ アポクリン腺が多くあっても腋臭体質ではありますが『わきが』にはならないようなのです。

自分のワキガのニオイに気が付いていない人は 気にしませんので 対策法に悩んだりしませんよね。
アポクリン腺? なにそれ?って感じなのでしょうか?

心理的な問題もありますし 人間関係もありますので 指摘しずらいですし なかなか 難しく ややこしい話ではあります。

  • アポクリン線 多汗症腋臭(ワキガ)型多汗症
  • エクリン線 多汗症精神性発汗型多汗症
  • アポクリン線 多汗エクリン線 多汗症2つとも合わさった型の多汗症

ワキガの自覚症状

自覚症状

本人の自覚によると言う『腋臭の定義』という事ですので あなたが わきがであるか わきがでないか、、、という事は 他人様が 決定する事ではないのです。

しかし、… 臭う!くさい!というのは 他人様が感じる事で 不快な思いをするのも他人ですね。

腋臭体質を司る アポクリン線の有無や発達状況などは 試験切開でもしてみないと外からは見えませんよね。

汗をかいたとき 何やら臭うのかも…? とか わたしはワキガなのでは… と 気になるようでしたら 調べる方法がありますので 下記項目をチェックしてみて下さい。

2~3個以上、当てはまるようでしたら 腋臭体質の可能性がありますので
ワキガを自覚されて 人に気づかれる前に 早めのケアをされた方が 気持ちが楽になります。

わきがのセルフチェック項目

  • 周囲の人から 臭いがする!とワキガや体臭を指摘されたことがある。
  • 自分で腋臭の臭いを感じる。
  • 両親や兄弟・親族(祖父母)にワキガの人がいる。
  • 洋服の脇の下が 黄ばむ事がある。
  • たくさんの汗をかきやすく多汗症傾向がある。どちらかと言えばベタベタな汗。
  • 足に脂汗をよくかく。
  • 足のニオイも気になる。脱いだ靴下のニオイも靴も臭い。
  • デリケートゾーン(すそわきが)のニオイもする。
  • 白いごみのようなものが 腋毛・陰毛などに付着している。
  • どちらかというとあぶら性。
  • どちらかというと毛深い。腋毛や陰毛・乳首の毛もある。
  • お肉類や脂ものをよく食べる。野菜は不足している自覚がある。
  • ストレスは多いほうだ。溜まっている。
  • 酒好き。タバコ好き。
  • 耳垢が湿っている。

わきがの意識の違い

人の身体は その人、特有の臭い(体臭)を持っています。
ワキガの人もその臭いは 個人によって みな、違いがあるそうです。

日本人は ワキガや体臭の強い人が少ない民族ですし 清潔志向も高いので 独特のにおいを放つ人を特別視しがちです。 が、外国人によっては自然な体臭でもあるのです。

アポクリン腺が多い わきが体質の人の比率

  • 黒人は100%
  • 欧米では80%
  • 日本人は10%~15%
  • 中国人は3~5%

ヨーロッパ、特にフランスでは 香水の発達が世界的に見ても優れていますが
体臭との深い関係があったからなんですね。

諸外国は『ワキガの臭いを軽減する方法』を重視しますが
日本では『ワキガの治療』を重視する傾向があるようです。

わきが 対策の改善方法は

ワキガは病気ではなく 体質です。
ですので 治療や手術が必要なのかと言えば必ずしもそうとは言い切れません。

体質ならば 体質改善ができるからです。

動物性脂肪の摂取量が多い

わきがの重症度が高くなるに従って アポクリン腺が大きく発達しており その密度も高くひしめき合っています。
欧米人や黒人の汗腺が 太く大きく発達している原因は 日本人やアジア系諸国の人より 動物性脂肪の摂取量が多いからです。

皮脂腺の働きを活発にさせて そこから出る脂の成分は エクリン汗腺とアポクリン汗腺、二つの汗腺を刺激し 汗の臭いや わきがの臭いを強力にしてしまいます。

そして、たんぱく質が肝臓で分解されるとき 熱エネルギーが大量に発生されます。 汗の原因となるのはこの熱で たんぱく質を摂り過ぎると 汗多の原因にもなります。

和食

日本人の体臭・ニオイが強く無いという事は 食生活が関係しているのは明らかです。 和食文化の良い影響からですね。

昔の日本食・和食が 世界各国で『健康の為に良い食事』として奨励され 見直されているのですが、肝心の日本人は 逆行しているような食事体系になっているところが 残念なのですが。

野菜を中心に 魚類や山菜など 一汁三菜とは よくできたメニューで おばあちゃんが生娘だった頃の 昭和の時代の食卓を見習って 習慣づけていければ 体質改善が出来ると思います。

わきが対策の改善方法として 食生活をまずは見直してみましょう。

わきがの臭いを抑える食生活・気をつけること

  • アルカリ性の食品を中心とする。
    豆類・果物・きのこ類・野菜・海藻昆布・梅干・インゲン・椎茸・ほうれん草・大豆・バナナ・里芋など
  • 緑黄色野菜ナトリウム、カルシウム、カリウムを多く含んでいる。
  • 海藻・昆布類アルカリ性ミネラル分を多く含んでいる。
  • 食べ過ぎない。胃に負担をかけない。腹八分目。
  • 満遍なく栄養のバランスを考え できるだけ多品種の食材を食べる。
  • 一日三食 毎日 決まった時間に 規則正しい食事を。
  • 糖分と塩分を控える。
  • 動物性脂肪を減らして 良質の植物性脂肪を選ぶようにする。脂も摂らなくてはいけません。
    体の酸化を防ぐ脂質である キストラバージンオリーブオイルや エゴマ油などがオススメ。
  • 匂いの強い食品(にんにくやラッキョ)、激辛モノなど 刺激の強い香辛料の入ったものは 止めるか減らす。
  • 納豆は 多汗症対策にも良い食材ですが わきがの人は たまに 納豆のにおい成分が出る人がいるようです。
    そんな時は ニオワなっとうなど ニオイ成分の無いものを。
  • どうしてもお肉を食べたいときは 味噌を使って 成分を柔らげると良いです。ホイコーローなど オススメ。
  • ヨーグルトと梅干は毎日 食べたい。

わきがの臭いを強くさせる作用のある食べ物・食生活

  • 高タンパク、高脂肪の酸性食品肉類や卵・魚・穀類などは 多く取り過ぎない事です。
  • 偏食。好きなものばかり食べる習慣を改める。
  • 添加物(有害な)を多く含んだ食品インスタント食品・ジャンクフード・スナック菓子などはやめる。
  • 食事が不規則で 毎日 バラバラ。
  • 胃に負担をかける食べ方。早食い・大食い・ため食い・夜食。
  • 激辛 香辛料モノや ニオイの強い食品が好き。
  • 糖分と塩分の摂りすぎ。味付けが濃い食事。おやつ大好き。
  • 発酵食品が苦手だ。
  • 酒・タバコ。

わきが だと 気づかれる前に ニオイをシャットアウト!

食生活を見直す

肉を中心とした食生活を見直し 肉類を減らす事で 汗を減らす事ができ 同時に臭いも軽減できます。

口から入れたものが 何らかの作用で体から出てくるわけですので 出てくる嫌なニオイの元となる食べ物を節制すれば良いわけです。

そしてお腹の中の老廃物が正しく 便や尿から排出されるように、嫌なにおいが毛穴や汗腺から出てこないような 潤滑な代謝機能のある体質へ改善していきましょう。

におい対策だけでなく 健康の為にも体の内側から働きかけましょう。
体の外側からの対策としましては

  • 汗腺を鍛えるトレーニング
  • 正しいお風呂の入り方
  • 汗を押さえるつぼ
  • デオドランドグッズを正しく選ぶ・・・など、
ワキ汗

汗と臭いを軽減できる方法がたくさんありますので できる事からやっていきましょう。

汗が出たら こまめに拭いて 汗をほったらかしにしない事です。 できれば 濡れタオルか熱いオシボリが 効果覿面で良いのですが 場面によって自由にはいきませんね。

お肌を常に清潔に保ち 有効なデオドラントグッズなどの力を借りて 制汗、においケアの手助けをしてもらうと効率的です。

あわせて読みたい↓↓このページの関連記事です。

TOP