便秘を放っておくとどうなるの?

便秘が原因で お腹の張りや 肌荒れを気にする女性は多いのですが
腸の不健康は 身体のあちこちに 災いをもたらします。

便秘を放っておくと

便秘を放っておくと 便を長く腸内に貯めておく事になり 腸内に便が
滞在してる期間が長くなると 活性酸素やガスが発生します。

その刺激によって 腸の細胞の性質を 変えてしまうだけではなく
活性酸素が発生すると 腸内の細菌のバランスを崩してしまいます。

便を腸内に貯める

この現象は大腸癌やポリープの原因にも繋がります

便秘によって 免疫力が落ちます。

免疫にも関わっている 腸内細胞ですので 大腸ガンが発生しやすくなる環境を作っていると考えられるのです。

お通じの時に出血を伴うと「痔」と間違えてしまいがちです。

直腸癌では 便に鮮血がつく事が多いのです。
大腸中でも S状結腸に癌ができると 便の表面に血液がつく事が多いです。

実際には『痔』を持っている方は 便に血が付くと 痔の症状だと思ってしまいます。
『痔』の原因は 便秘から…という人は多いからです。

ですが 自己判断に任せずに 大腸癌かもしれない 不安を払拭する為にも 受診する事をオススメします。

大腸のガンを患う方に『最初は 痔だと思った』という 便秘がちの人が 多い事も知られています。