動悸(どうき)とは、心臓の周期的 収縮運動の乱れを感じる自覚症状の一種です。
不整脈(ふせいみゃく)とは、その収縮運動のリズムが乱れた状態をいいます。

不整脈と考えられるのは どのような症状ですか?

息切れや動悸を 感じる場合とは

息切れや動悸を 感じる
  • 心臓病や呼吸器疾患の人が 動いて活動する。
  • 内分泌疾患の褐色細胞腫
  • バセドウ病の症状
  • 尿毒症
  • 重い糖尿病
  • 脳の呼吸中枢の異常
  • 呼吸の症状が 特有のものが現れる事もあります
  • 自律神経失調症や心臓神経症不安やストレスによって症状が現れます。この場合は 特に心臓には障害はないと考えて良いでしょう。

動悸や息切れを感じた場合には、

  • 顔色の変化
  • 咳などの症状
  • 発熱があるか
  • 胸は痛くないか

上記の事に注意して見てみましょう。
早急に 専門医の診察を受ける事をお勧めします。

また 以下のような症状がある場合は 他の発作である可能性が考えられます。

  • 突然 息苦しい
  • 夜中に咳き込む

たとえば、気管支喘息 あるいは 心臓喘息など タンが絡まったような咳が出るのが特徴です。