加齢臭と聞くと 男性のオヤジ臭というイメージがありますが、女性には加齢臭はないのでしょうか?

加齢臭発生の図式
ホルモンが分泌されない
活性酸素を除去できない
臭いの元となるノネナールが発生
加齢臭 発生

女性に加齢臭が少ない理由

活性酸素が活発になる事で 加齢臭や体臭が発生しますが
若い時はホルモンの働きが活発で 活性酸素が取り除かれる為、臭いはあまり出てきません。

加齢臭の原因のひとつである パルミトオレイン酸の酸化も、ホルモンのおかげで抑制されてますので 臭いがあまり出てきません。

しかし、年齢を重ねていく事により ホルモンの分泌量が減ってきますので
活性酸素の除去作業そのものが 若い頃に比べて困難になってきます

この除去されない活性酸素身体の錆び付きが 肌の老化や臭いを引き起こす原因となっています。

では、なぜ?? 男女に 臭いの差が出るようになるのか?



それは ホルモンの分泌量の低下の差に違いがあるからです。
女性加齢臭image

女性ホルモンと活性酸素

男性は 40歳を境にホルモンの分泌量が減ってきます。
しかし、女性は 40歳を過ぎても活発に分泌されていますので
ホルモン分泌が盛んな女性には臭いが出ないという事になります。

しかし、女性も閉経前後は ホルモンの分泌量が著しく低下するために 臭いが出てくるようになります。

更年期の時代に突入する事になります。

血管に老廃物がたまって酸化し 脂肪酸ができ 臭い物質のノネナールが発生しまう状況は 年齢を重ねるにつれて 増えていくけれど 体の酸化に対する抑制力が弱くなっている…

という事を考えれば 年をとる事が加齢臭の原因の一つに繋がっているのもうなずけます。

時期の違いはあるにせよ 男女とも 加齢臭を発生させる可能性は 誰にでもありますので 最低限必要な 加齢臭予防の知識を持ち、その時期を 快く 迎えてまいりましょう。