ワキガ体質の方のワキガ臭は 暑い時期だけのものではなく 一年を通して臭う場合が多いです。

夏は汗をかきやすく 量も多いので ワキガなどの体臭が 一番ひどくなる時期ですが 夏が終わって秋から冬にかけて~寒くなった冬の臭いも侮れません。

冬ワキガ

冬ワキガを誘発する 冬の脇汗の特徴

寒い季節は 汗もそんなにかかないので ワキガの臭いも なりを潜めている方も多いと思います。

冬場は夏と違って そんなに汗をかきませんので 周りの人も 汗臭い人や 体臭をかもし出す人も減っており 自分のワキガ臭だけが 目立ちやすく ピックアップされやすいという感覚的なものがあります。

ワキガなどの体臭が 冬の方が強くなるという意味ではありませんが、冬の方が ワキガの臭いが強くなるのでは…と 感じてしまう傾向があります。

夏と冬とでは 汗そのもの自体の特徴が違ってきます。

涼しい時期のわきが冬ワキガ、冬の汗の特徴について まとめてみました。

寒い時期は汗腺機能が低下する

汗腺の働きが 冬は寒いので低下します。もしくは お眠み 冬眠中。

汗の成分はほとんど水で 水溶性で流すのが可能な 毛穴に溜まった老廃物や 雑菌を流してくれる働きがあります。

汗腺が鈍くなると 全身から汗が出ずに 汗腺の多く集まっている特定の部位から 汗が出るようになってしまいます。

冬は服を着込みますので 夏の開放感と違い 脇の下に汗をかくと乾きにくく 湿っている状態で蒸れやすく 雑菌が繁殖しやすい皮膚の状態になります。

interval

この時の汗は サラサラ汗ではなく アンモニアなどの臭い成分など含む べたっとした悪い汗で ワキガ菌が好む汗で ワキガ臭が作られてしまいます。

お風呂では 湯船にしっかりとつかり 体の芯から温まる。
全身から汗を出し 汗腺の働きを鈍らせないようにする。

そうすれば 皮膚の自浄作用も高まってきます。

夏より冬の方が基礎代謝が高い

基礎代謝とは 人間が生きているだけで 使って消費するエネルギーの事を指します。
息をする、心臓を動かす など。

夏の方が 汗もかくし 何かとエネルギーを使っているように感じますが 冬は気温が低いので 体温を保つ為に エネルギーの使用量が増え 夏よりも冬の方が 基礎代謝が高くなります。

基礎代謝が高くなると 体の中心部の体温が上がります。
代謝が上がると 汗をかきやすくなります。

昨今では どこへ行っても過剰な程の暖房設備が整っていて 外と室内での気温の差が激しく ちょっとした拍子に 脇汗をかいてしまう という場面も多くなってきています。

汗を感じると 臭いが出るのでは?! というセンサーを感知し 嫌な感情がフラッシュバック。

微細な事ながらも こういうのは結構な 精神的なストレスです。
寒暖の差も 身体に受ける身体的ストレスです。

interval

だからといって 冬は寒いし 動くと汗をかくからといって 全く動かず こたつの中にこもりきりというのは 逆効果です。

運動不足を招き 身体も凝り固まって 血液ドロドロ更に 汗腺機能は鈍くなり 悪い汗しかかけなくなってしまいます。

水分補給が足りなくなる場合が多い

冬は寒くて 喉の渇きも そうそう感じる事がなく 水を飲む機会が減ります。

加糖されたジュースや ペットボトルなどの炭酸飲料は別として 水分補給に必要なのは 水か白湯(さゆ)です。

電気毛布やヒーターなど 自然にはない方法で 体を温めるのは 皮膚の表面だけを温める場合が多く 皮膚の水分を奪い取り 乾燥させると よく言われています。

その上 水分が不足すると 知らずのうちに 脱水症状のようになってしまう事もあります。

冬は夏と違って そんなに 水分をがぶがぶ飲めないですが お食事の時には 味噌汁 とん汁など 温かい汁物などで 水分を取り 尚且つ お腹の中を暖めて 体を冷やさないようにしましょう

果物も水分を含みますので 毎日でもデザートに食べると良いのではないでしょうか。

日本には 昔から『こたつにみかん』という 冬の風景があります。
旬のみかんなどを食べて 飛ばされた水分を補給していきたいものですね。

冬に脇汗を臭わなくさせる為には

お肌の乾燥・衣類の乾燥

暖房のあたりすぎや 水分不足は 肌も乾燥がちになり お肌の乾燥は 冬の体臭の要因になると言われています。

お肌は 乾燥させてはいけないですが 衣類は乾燥させなくてはいけません。

夏の洗濯物は お日様の臭いがするように 太陽の下で すぐに乾かす事ができます。
夏が終わり 秋になると 気温も下がりますので 衣服の乾燥も 少々 時間がかかったりします。

秋は 台風の季節であり 雨も多いので 生乾きのまま 臭いを発生させている事も多々あります。

ワキガ臭を服に残さないように

ワキガの臭いは強いので 衣服にも染み込む場合が多いです。

汗を感じて ニオイがする前に しっかり拭き取り ボディケアは行なっているはずなのに 臭いがする場合、衣服から臭いを解き放っている場合が多いと言います。

現代人の生活環境は向上していますので 冬は温かく過ごせます。

汗はかいてないと感じる寒波でも 電車や 職場、大手のショッピングモールなどでは 暖房も過剰なほどですので 汗をかきやすくなっています。

しかも 厚着をしますので こもります。

寒い季節の汗は 濃い汗が出ますので 衣類に残さないよう 毎日着替えて 洗濯するという習慣をつけ、雨が多い秋や 寒い冬は 洗濯機や洗濯かごの中に 汚れた洗濯物を放置しないようにして

衣服に染み込んだ汗を ほったらかしにして ニオイを定着させない様にいたしましょう。

また 面倒なので 下着やインナーは お安いのを沢山 準備しておき 半ば 使い捨て感覚で ワンシーズンで破棄する と言うのも コスパが合えば 良い方法です。

衣類ケースやクローゼットの 衣類のニオイ移りを防ぐ事もできます。

その他・服飾小物

夏の間に よく使っていたアクセサリーや 腕時計、ベルト、夏物サンダル などなど
汗をかく事によって 雑菌が繁殖している可能性もあります。

しまう時には よく乾かして 水分を飛ばしてから しまうようにしましょう。

アルコール除菌などができるものは 傷つけないように 除菌して 風通しの良い所で 一日 吊るすなど また 次のシーズンにも使えるように お手入れをしておきましょう。

涼しくなっても油断せず

夏は気温が高く ワキガや多汗症でない方も 普通に汗をかく季節。
その反面、汗が乾きやすい という季節でもあるのです。

服に染み付いた汗や 湿って乾きにくい脇の下や 汗がたまりやすい部位の皮膚は 汗の乾きが早ければ また こまめに汗を拭き取るなど 汗を残さない事で 雑菌の繁殖を遅らせる事ができます。

ワキガの原因と言われている アポクリン汗腺からの汗も 通常のエクリン腺から出る汗も 汗が出た時、最初は無臭です

かいた汗をエサに 雑菌と混ざり 雑菌が分解するときにニオイを発生させますので 臭いを作り上げられるまでには 時間を要します

ワキガや体臭の大きな原因となるのは 汗と菌が絡まりあった時に発生しますので 菌のエサとなる汗を防ぐのが 最も効果の高い予防となります。

冬の脇汗

臭いのピークの 夏が終わって秋になり 涼しくなってきた時に 『やれやれ』と ほっとするのではないでしょう。

9月は残暑ですし 10月の半ばぐらいまでは 忙しかったり 動けば 汗ばむ方も多いはず。

日によって 気温の上下乱高下の具合が激しく 夏日のような 30度近い暑い日もあれば 一気に初冬を感じる寒い日もあります。

ですので じっとりと 脇の下に 汗染みができたりする事も多々あります。

しかし 夏場と違って 汗染みができた衣服が すぐに乾くほど気温が高くない為、雑菌の繁殖を許してしまい 臭いを発生させてしまいます。

春から夏のピークに向けて ウエットティッシュなど 汗をかいたらすぐに拭く という汗ケアを丹念にされていても 涼しくなれば 少し ほっとしてしまう事もあるでしょう。

決して油断しているわけではないけれど 忘れた頃にやってくる 嫌な臭いに『しまった…!』と 思った時には ちょっと遅かった というのを繰り返し 寒さ本番の時期を迎える方も多いでしょう。

冬ワキガ 冬の脇汗のまとめ

汗腺機能が低下している冬でも 過剰な暖房などで また ストレス社会で 汗をかく環境が多くなった現代人。

それに加えて 運動不足や 脱水した状態になると タンパク質など アポクリン腺からの汗に含まれる成分の比率が高くなり 粘ついた汗をかいてしまい 雑菌に好まれる汗を出してしまいます。

アポクリン腺からの汗は ワキガ体質の方が保持している わきがの原因と言われる汗を出す汗腺で ワキガ菌と絡むと繁殖し ワキガの臭いを発症します。

ワキガの臭いの発祥を抑えるには 汗対策が基本ですが 夏と違い すぐに拭き取ったりするのも簡単ではなく そもそも ワキ汗に気がついていない事も多いです。

更に 服を着込んでますので 密封度の高い腋の下では 蒸れてニオイがこもります。

部屋に入って 上着を脱いだ時や ロッカーなど着替える時には 凝縮された 濃いニオイを散らす事になります。

冬の脇汗は 侮れない汗なのです。
出そうと思って出しているわけではないのだけれど 冬ワキガに発展していってしまいます。

秋から冬にかけては 何かと楽しいイベントが盛りだくさん。
充分に楽しんでいきましょう。

冬のワキガ臭は きつく感じますので 人にばれる前に 先手必勝!
夏と同様 臭いのケアは ぬかりなく。

interval