生理周期のサイクルが乱れてしまう 生理不順に悩む女性は多くなっています。
生理不順によって あそこのニオイが臭くなると言う女性も 比例して多くなってきます。

生理は女性にとっては 大切な生殖機能のサイクルです。

その月経 アンネちゃんと 女性ホルモンとは 並々ならぬ関係があり 女性ホルモンの分泌能力:ホルモンバランスが乱れてくると 生理不順となってきます。

あそこの臭いは月経不順が原因

生理中のニオイと 生理不順である女性の あそこのニオイを誘発する 要因の違いは何なのか
生理不順になってしまう原因と 照らし合わせて その理由を探っていきます。

あそこが臭くなるのはいつ頃?生理周期を把握

生理周期 とは 生理初日から 次回の生理の前日までの期間
正常な生理周期25~38日
頻発月経24日以内と周期が短い
稀発月経39日以上周期があく

生理期間順調な生理の期間は、3~7日間続きます
過短月経1~2日で終わってしまう場合
過長月経8日以上続く場合

生理が遅れている一週間以上 生理が来る日の間隔が開いた場合は 自覚しましょう。

スマホアプリで 生理周期を記録するのも沢山ありますので 活用すると便利です。または、

生理周期を記録する手帳やカレンダーに 生理の始まる日~終了日 また 臭いが強くなった日・その状況・場所・場面など書いて記録しておくと 自身の状態が把握できますので メモるのはおすすめです。

まずは 2~3ヶ月 そして 半年 一年と記録していけば 生理周期の順調 不調が把握できますし 生理不順になった 時と経緯がわかります。

少々の遅れであれば 気にすることはありません。しかし

  • 一週間以上 遅れているのが たびたび 訪れる
  • 次回の生理が いつ頃始まるのか わからなくなってきた
  • 月に二回 生理がやってくる
  • 二ヶ月 生理がない

このような場合も 生理不順に含まれ 無排卵月経の可能性があります。

生理不順に隠れて 婦人科系の病気が潜んでいる可能性もありますので 受診した方が望ましい。

生理不順の原因

生理がこない 遅れている原因として 大きく3つに分けて考えられます。

  • 妊娠
  • 病気
  • 女性ホルモンの機能の低下

生理が来ない場合は 妊娠も考えられますので 身に覚えがある場合は 受診か 薬局など妊娠検査薬を買って確かめておきましょう。

生理の時の 気になるニオイを抑えるには おりものや 生理中のニオイ、すそワキガのニオイにも対応できる 消臭力の高いデオドラント臭い対策グッズなどで 日頃からケアをしていけば 十分に補填して行くことができます。

しかし 病気が原因の場合は そういうわけにはいきません。

病気による生理不順

子宮や卵巣など 病気によって 生理不順が起こる事は多いです。
↓↓↓主たる婦人科系の病気・症状を取り上げています。

婦人科系の病気の症状

カンジダ症
膣内常在菌であるカンジダ菌が 誘発要因により 異常繁殖する病気です。
 
カンジタ症の 再発を繰り返し起こしている場合は、次第に症状も悪化し 不妊症など 重い病気につながっていく事にもなります。
 
初期症状の生理不順にならないうちに 適切な治療をし 日々の生活を見直し 体調・体質を整えて行くことが肝心です。

黄体機能不全
黄体ホルモンプロゲステロンの分泌が うまく分泌されなく働かない状態で 生理周期が乱れてきます。
様々な要因があるとされてますが 今のところ 特定された理由は はっきりとされていません。
卵巣機能不全
卵巣の機能が低下している状態。
排卵が遅れる、卵胞の成長がよくない。
生活習慣の乱れ また 加齢により 生じるとされています。
無排卵
無排卵は 卵巣機能不全が長引くと 起こると言われています。
 
無排卵月経とは 無排卵性周期症とも呼ばれ 生理はやってくるけど 排卵がなされていない状況のことを言います。生理はあるので その症状がわからずに 発見が遅れる事もあります。
 
30代以降の女性に多い症状と言われています。不妊の原因となります。

卵巣や子宮などの病気

子宮筋腫
子宮筋腫は 良性の腫瘍で 子宮内の粘膜や筋肉に発生する。
年齢(加齢)が影響し、40代になると 保っている女性は多くなります。
子宮内膜症
腸管や卵巣など 子宮内膜の組織が 子宮ではないところに発症する病気。
再発率が高く 完治が難しいと言われています。
子宮頸がん
不正出血や 生理不順など 病気が進行すると症状が出てきます。
ヒトパピローマウイルスに感染したとしても 自覚症状が 最初は分からないことが多い。
近年では 若年層~40歳以下の発症率が増えてきています。
多嚢胞性卵巣症候群
卵巣外側が硬くなる状態。
硬くなると 排卵がちゃんと行われなくなる為に 内部に卵胞が成熟しないまま 溜まっていきます。
排卵機能が 正常でなくなるため 生理不順を引き起こします。
子宮内膜症性嚢胞
卵巣チョコレート嚢胞 とも言われています。
子宮内膜症と同等で 子宮内膜の組織が 子宮ではない 卵巣内部に発症する病気。
甲状腺の病気
甲状腺ホルモンは 卵巣など 女性生殖器にも影響を与えています。
甲状腺の病気、橋本病やバセドウ病などで ホルモンの分泌が減ってくると 生理不順を引き起こすことがあり 生理周期の乱れにも関係してきます。

婦人科系の病気が潜んでいる為に 生理のリズムが整わない・遅れているなど 症状が出ている場合も考えられますので 病気であるか否か を きっちり確認されて 適切な治療を施しましょう。

自分で改善可能な生理不順の原因

生理がきっちりくる女性は ホルモンが正常に働いている状態です。実に健康的に。

妊娠 病気で無い場合、月経サイクルの歯車が乱れるのは 受けるストレス日々の生活の中に原因があります。大きく分けると

  • 女性ホルモンの分泌に影響するホルモンバランスの乱れ
  • 肉体的ストレス
  • 精神的ストレス
  • 日常生活の乱れ・不規則な生活
  • 肥満

生理が遅れる女性は 女性ホルモンが充分に分泌されていない、また 減少する事で 卵巣機能がうまく働かなくなり 生理のリズムが アンバランスになり生理不順を招きます。

精神的なストレスによる生理不順

対人関係や 仕事上でのミス 悩みなど ストレスを強く感じる時は ワキガや 体臭の臭いの出方もきつくなると言う方が大変 多いです。

緊張を伴いますので すごく汗をかいてしまう という状況にもなります。

脳は ストレスによって緊急事態を感じ取り 脳の視床下部の中枢が異変を起こして うまく働かなくなる事が理由です。

精神的なストレスによる生理不順そうなると 視床下部に存在する 女性ホルモンの分泌を司る機能が正常ではなくなり 脳から卵巣への命令が うまく伝達できなくなります。

精神的なストレスを受けると

女性ホルモンのバランスを崩し
女性ホルモンの分泌が不足し
卵巣の働きが低下し
生理不順を引き起こします。

身体的なストレスによる生理不順

食事をとらないなど 過激なダイエットで無理をした結果、生理が来なくなったと言う 実話 体験談はよく聞かれると思います。

無理なダイエット

太り過ぎ 痩せすぎ 無理なダイエットも身体的に受けるストレスに含まれます。

自己流の無理なダイエットは 体に必要な栄養を取らずに 栄養不足を 知らない間に引き起こし 脳の視床下部の働きを低下させます。

肥満

肥満や 太り過ぎになると 脂肪細胞が増えます。

脂肪細胞は女性ホルモンを作る役割も担っており エストロゲンとは 密接な関わり合いを持つと言われています。

女性ホルモンは バランスが大事で 減りすぎても 逆に増えすぎても 良くないとされており 肥満になると より増えすぎて ホルモンバランスを崩してしまいます。

日常生活の乱れ・不規則な生活

他には 慢性化する睡眠不足・忙しすぎて疲れが溜まる疲労・急に始めた激しいスポーツなど
冷えや暑さ・運動不足・外食ばかりでバランスの悪い食事などなど 生活全般に絡んできます。

肉体的にも 大きく負荷がかかった場合、

脳は 内臓などの機能身体を守る為に先に働き 生殖機能の働きについては優先されずに 卵巣の働きが後回しになります。

生理不順は日常生活の乱れから

身体的なストレスは 不規則な生活や 日常生活の乱れが 当たり前の様になって積み重なる事で 自律神経を乱し 女性ホルモンに影響します。

女性ホルモンのバランスを崩し 知らず知らずのうちに 体の不具合を生じさせてしまいます。

生理不順もその一つに過ぎないのかもしれません。

ですが、正常であるはずの 女性の周期生理周期が不順になるということは 体からのSOSを発していることは間違いはありません。

補足

以下は 身体の時期による 変化の最中ですので 生理が遅れても気に病む事はありません。

  • 50歳前後の閉経前後の更年期ホルモンバランスが安定しない時期
  • 思春期ホルモンの成長が著しい時期
  • 妊娠 産後の産褥期 授乳中無月経

生理不順でデリケートゾーンのニオイがきつくなるのはなぜ

身体的 精神的なストレスによっても 引き起こされる生理不順。

その 大きな原因でもある 女性ホルモンの乱れや減少によって もたらす現象は 身体のあちこちに不具合を生じさせます。

汗をかきやすくなってきます

女性ホルモンのバランスが崩れると 自律神経が乱れます。

女性ホルモンには 汗の出を抑える作用がありますが バランスが崩れると ホルモンが減少することで うまく働かずに 汗腺を司る交感神経が暴走を始めます。

更年期の女性に 突然 汗が多くなるのは こうしたホルモンバランスの乱れによるもの とよく言われています。

ショーツの中の汗とニオイ汗をかきやすくなると デリケートゾーンの汗は 下着やガードルなどに がっつりガードされていることで 締め付けられており 揮発せずに蒸れて 雑菌と絡まり合い ニオイが強くなります。

立ってる時も座っている時も お股は閉じている事が多く ただでさえ パンツンの中は蒸れやすい環境で 汗が多くなると 更に蒸れ 臭いも悪化していきます。

膣内環境が悪くなってきます

女性ホルモンのバランスが崩れ 分泌が減ると おりものの量や 色や 匂いなど 膣内環境が変化してきます。

あそこのニオイの変化は 膣内環境が変化することによって もたらすことが多いです。

順調な生理周期を手に入れニオイの無くなる自分になる為に

生理周期が不順になるという事は 体の中が 何らかの異変を起こし始めているのかもしれません。

最初は 全く気が付かない小さな要因が 整っていたはずの女性ホルモンや 生理周期のバランスを乱し始め崩れていき悪循環を経て体の機能がうまく回らない状態にしていきます。

生理不順は 軽く見ていては 後で 大きくしっぺ返しを食らう状況になる事も。
病気の場合は きちんと治療を施しましょう。

体の負担を減らすには

病気や妊娠で無い場合、ストレス要因に思い当たる節はないでしょうか?

睡眠をしっかりとり 疲れた時は休養を取る。
規則正しく食事をして 栄養をバランスよく摂る。 など

基本的な 規則正しい生活を 1~2ヶ月 続けるだけでも 身体の負荷を軽減しすることができ 生理が順調に戻って行くと言う事は 往々にしてあります。

生理不順が 少しでも解消されつつあれば 膣内環境の悪くなる要因も減らす事ができて わきがや 裾わきがなどのニオイも抑える事ができていきます。

心の負担を減らしていきましょう

デリケートゾーンの臭いのケア

また 精神的に思い悩む事があり メンタル的に弱くなっている場合 アソコの臭いが辛い と言う事も ひとつのコンプレックス理由となっている場合もあります。

彼氏との関係が上手くいってないのかもしれません。
実はこれが 最大の問題だったりします。

デリケートゾーンの臭いは 病気や妊娠で無い場合、自分でケアを施す事が可能な時代です。

デリケートゾーンの臭いのケアを始めることで コンプレックスのひとつが無くなり 安心できるようになれば それは効果的なことです。

何かから解放されたかのように 毎日がラクです。

ひとつ解決すれば またひとつ、ひとつ…と 歯車が上手くかみ合うように

毎日の生活を始め 女性ホルモン 生理周期など 全てはバランスを保つ事が 一番 シンプルで大切な事だと 実感するのではないでしょうか。