月経 月のものと昔から呼ばれてきた 生理アンネちゃんですが 通常であれば 約一か月ほどの周期に 一回訪れ 3日から7日間続きます。

生理 あそこの臭い

生理中は 自分でも生臭く感じる時があるのではないでしょうか。
周囲にニオイを放ち 友達にバレないか 学生時代は 特に 気になったものです。

生理と生理の期間を生理周期 と言い その間にあたる 排卵期の時期の 排卵日の数日間は あそこの臭いが最もきつくなると言われています。

生理の 約1~2週間前あたりです。

デリケートゾーンの匂いが強くて 気になっている場合、
生理中の臭いや 生理前の数日間の臭い など 一ヵ月の 1/3から半分くらいは あそこの臭いのせいで 憂鬱になっている状態とも言えます。

それが 毎月やってくるなんて…

生理中と生理前とでは ニオう!と感じていても その原因と臭いの種類が微妙に違ってきます。
生理どき 女性周期における 陰部の臭いについてまとめてみました。

生理中のニオイとムレ

生理の時のとろっとした血を 経血(けいけつ)と申します。月経による血 の意。
出たばかりの経血は本来は無臭です。

経血は血液ではなく 子宮内膜剥がれ落ちたもの。不要になった子宮内膜です。

膣や子宮内膜の分泌物などに 約一割程度の血が混じったもので やや黒味の赤 血液のように思いますが 似て非なるもの。

生理の時の経血が臭いと感じるのは 時間が経つにつれて 経血が酸化してくることにより 発生するニオイ。

生理中は普頸管粘液が 水の様に変わっていくことで おりものの量が増えます。

経血とおりもの 湿気の多い環境が出来上がってしまって 雑菌も繁殖しますので 時間と共に 強い臭いが作られていきます。

経血の中の 分泌物や酵素などを分解しながら 雑菌は ぞぞぞっ…と 繁殖していきます。
生理中のパンツの中は普段の時より雑菌が繁殖しやすい環境なのです

生理中の嫌な臭いの正体は 血液の匂いではなく雑菌が作り出すニオイと言っても大げさではありません。

生理中のニオイを作り出す原因

生理中に雑菌が増えやすいのは どうのような経緯 要因があるのでしょうか。

ナプキンで蒸れる

あそこの陰部は 普段でも 下着やガードル パンストなどで 締め付けられやすい所であり 空気の通りが悪く 濡れやすくなります。

生理中は アンネちゃんナプキンもさらに加わりますので むれむれモアモアに。
かゆみを伴ったりすることもあります。

そして 生理の時の専用パンツサニタリーショーツは おまたのクラッチ部分が 普通の布ではなく ビニールの様な 水(経血)を通さない素材になっていますので 通気性の悪さに拍車がかかります。

最近のナプキンも 技術が進んでいますので 質の良い優れたものがたくさんあって

薄くても吸水性抜群のもの、肌にとっても優しいものなど

しかしその反面で 取り替える回数が少なくてもOKで 長時間つけたままの状態になっている傾向があったりします。

つけたままの状態で デスクワークなど 長時間座って仕事している環境下になると 知らず知らずのうちに パンツの中が 高温多湿の状態に。

生理中の不快感を減らしてくれて 快適に過ごる代りに 雑菌が最も好む環境を作ってしまいます。

アンネちゃんナプキンは 見た目では汚れていなくても 何時間かおきに こまめに取り替え 雑菌の繁殖の温床にならない様に 常にデリケートゾーンを湿った感触を残さない様に さらさら 清潔にしておきましょう。

アンダーヘアで蒸れる

下の毛に経血がつくことにより 細菌が発生しやすくなります。

アンダーヘアも人によって 形状は様々ですが 剛毛・長い・多かったりすると ムレムレになる環境が作りやすくなってしまいます。

ショーツからはみ出るぐらいの 素晴らしいアンダーヘアであれば 場合によっては ヘアを すいたり カットしたり 整えたりして 減らしてみてはいかがでしょうか。

カミソリで 直接 剃ったりするのは デリケートな部分ですので 避けた方が無難です。
毛抜きで抜くのも かえって刺激するのでやめておきましょう。しかも痛いのです。

アソコの毛は あそこを保護する大事な役割を担っています。
全部なくすのは危険です。かえって痒くなったりもしてしまいます。

VIO脱毛なども流行っていますが 便利なグッズも たくさん売られてありますので 自宅で自分で アンダーヘアを整える方法はいろいろあります。

体調・病気

疲れていたり 体調不良⇒免疫力が低下している膣内に雑菌が繁殖。
40代以上の女性に多い子宮筋腫⇒生理の経血の量が多くなりやすい。


生理中は 白いボトムスは やはり避けた方が安心です。

薄い生地のものより 分厚いもの ジーパンやパンツなどを ついつい選んでしまって 防御に出る方も多いと思いますが 逆に ワンピースや ふわふわした軽めのスカートを履いてみてはいかがでしょう。

風を通して 少しでも 蒸れないようにしていきたいものです。
蒸れるのを減らして行けば においも減らすことができ かゆみを抑えることもできます。

生理前のデリケートゾーンがくさい!

ストレス

生理が始まる前は 身体も心も不安になる時期です。

疲労感やストレスが溜まってしまうと 体の機能にも 一定の変化が生じ 免疫の力も弱くなりますので 細菌にも弱くなります。

生理痛や気分的な憂鬱、生理そのもの自体がストレスと感じる女性も多いでしょう。

アポクリン汗腺の活性化

生理中は ホルモンのバランスが 様々、変化する時期でもあります。
異性を惹きつける フェロモンの名残でもある アポクリン汗腺も活性化してしまうんですね。

アポクリン汗腺からの汗は 雑菌と混ざり 分解されることによって 強い匂いを発生させます。

いわゆるワキガの匂いです。

アポクリン汗腺を 脇の下に保持している方は デリケートゾーンにも保持している確率が高く 大陰唇にはこの汗腺も多く分布しています。

陰部にわきがの匂いが発生する場合 スソワキガ 下わきが などと呼ばれているにおいです。

生理の時に 活性が盛んになることが多いですが 生理前から始まっていることも多いと言います。
従って生理前からすそわきがの臭いがきつくなる方も多くいます

ホルモンバランスの変化 皮脂の影響

女性ホルモンには
卵胞ホルモンエストロゲン
黄体ホルモンプロゲステロン の2種類があります。

これらの女性ホルモンの分泌や ホルモンバランスが変化する 女性の生理前周期は 黄体ホルモンが増えますので 皮脂腺が刺激され 陰部の皮脂の分泌も多くなってきます。

皮脂が多くなってしまうと どうしても 皮脂腺が詰まってしまいがち。

そうなると 皮脂の脂肪酸が酸化してしまい あそこの臭いのがきつくなります。

デリケートゾーンの匂いで悩む女性は この臭いは すそワキガなのかしら…と 思うかもしれませんが 皮脂汚れでクサイのは すそわきがとは また違った原因があって 起こる臭いです。