手掌多汗症を病院で治療するとなれば、他の局所性多汗症と同様、ガイドラインが定められていますので 治療の道筋が ほぼ この通りに進められていきます。

手汗多汗症 病院

※原発性の場合で 他の疾患が原因(続発性)で無い場合です。

多汗症の診断

局所多汗症の診断基準としては 局所的に過剰な発汗が明らかな原因がないまま 6カ月以上 認められ 以下の 6症状のうち 2項目以上 あてはまる場合を 多汗症と診断しています。

1)最初に症状がでるのが 25歳以下である事
2)対称性に発汗がみられる事
3)睡眠中は発汗が止まっている事
4)1週間に 1回以上多汗のエピソードがある事
5)家族歴がみられる事
6)それらによって日常生活に支障をきたす事
参照pdf:日本皮膚科学会ガイドライン

手汗の多汗症 診断

手汗の多汗症 治療や手術

原発性の手掌多汗症と診断されて『治療を受けたい』となった場合、外用塗布塩化アルミニウムや イオントフォレーシスの保存治療を行います。

併用療法として 内服薬 神経ブロック レーザー治療 精神 心理療法を用いれても良い。
と 記載されており

ETS交感神経遮断術は 重症で保存的治療法に抵抗性に限り(上記の治療で効果が無い場合に限り ) 患者本人の強い希望がある事 交感神経遮断術の切除部位として T2(高位)は避ける事が望ましい。
と いう条件付きで記載されています。

手汗の多汗症 治療の種類

  • 外用塩化アルミニウム
  • 外用イオントフォレーシス
  • ETS手術胸腔鏡下交感神経遮断術
  • ボトックス注射(ボツリヌス毒素注射)
  • 内服薬プロバンサイン(プロパンテリン臭化物)の服用
  • 精神療法・心理療法
  • ビューホット治療
  • 神経ブロック…などなど

手汗の外用

塩化アルミニウム

塩化アルミニウムの単純塗布から ODT(閉鎖密閉療法)などがあります。
塩化アルミニウムは市販されていますが 濃度が重要ですので 病院で処方されたものを使う事が奨励されています。

費用が安く 手軽に自宅で行える制汗剤である!というメリットがあります。

しかし 手汗を抑えるのには 効果が期待できますが 皮膚への刺激も強く 潤いが奪われ 肌が弱かったりした場合は 皮膚炎など ダメージが大きいです。

特に子供の場合は 制汗剤を使う場合は 長く使う事を考えて 肌の事を考えたものを使うのが望ましいです。

市販の外用

スーパーカントという ポリ塩化アルミニウムカプセラ水が販売されています。

スポーツ用に考案された外用で 塩化アルミニウム液やイオントフォレーシスに比べると ピリピリした刺激が少ないと言われています。

イオントフォレーシス

イオン浸透療法と言われており 手のひらや 足の裏の多汗症の治療方法として まず 最初に選択される治療が 塩化アルミニウムと この イオンフォトレーシス治療。

塩化アルミニウム溶液に 皮膚炎を起こす場合に代用したり 塩化アルミニウム外用塗布と 併用する事で 相乗効果も得られます。

イオンフォトレーシス治療のやり方と効果

水に微弱の電流を流す事で 水素イオンを発生させます。
その水に手を浸し 汗腺にダメージを与えて 汗を抑える事ができる治療です。

時間は 約 20~30分程度 手を浸けておく必要があります。

病院での治療の場合 週1~2回の通院×約 8回程度で効果が認めれれています。
手汗レベル 2~3にも有効との事。

イオンフォトレーシスを受けれない人

  • 手荒れが激しい人
  • 皮膚疾患のある人
  • 手に傷がある人・ケガ・やけど
  • 妊婦
  • 体内に金属が入っている人
  • 手術などでペースメーカーを使っている人

などは 受ける事ができません。

イオンフォトレーシス治療のデメリット

副作用の 少ない治療法と言われていますが

  • 肌のピリピリした刺激や ダメージがあります。
  • かゆみや かぶれを起こす人もいます。
  • 肌が弱い人や 子供さんは 掌の肌に負担ががかかります。
  • 汗腺に与えたダメージが回復すると また 汗が出てきます。
  • 定期的に治療を行う必要があります。

汗の出口を塞ぐという治療方法ですので 交感神経に直接アプローチしているわけではなく 根本的な治癒は望めません。

イオン浸透療法イオンフォトレーシス治療は保険適用です。
3割負担で 診察代込み1000円から1500円程度。

一見 お安いかなと思いましたが 高出力の医療用機器で 8回ほどの治療が必要となると さっと見積もって 8000~12000円ですね。けっこうかかります。

処方箋

プロバンサインプロパンテリン臭化物 の服用

その他には 以下の薬などもあります。

ポラキス(薬の名前)オキシブチニン
ベシケア(薬の名前)コハク酸ソリフェナシン

神経遮断薬:抗コリン剤

自立神経の力(交感神経)を弱めてしまう薬。
ですが 同時に副交感神経の力も弱めてしまいます。

服用後 効果が現れるのが 約10~15分後で 持続時間は 約4時間ほどと言われています。

副作用には 副作用口の渇き めまい 便秘 排尿障害 胃腸障害 全身の汗が出にくくなる
熱中症の危険性が高まります

向精神薬・抗不安薬

発汗に対する恐怖心や 情緒不安定な場合 向精神薬や抗不安薬で 症状が和らぐ場合があります。

グランダキシン(薬の名前)自律神経失調症に効果のあるトフィソパム
パキシル(薬の名前)抗不安薬で抗コリン作用をもつパロキセチン

これらが 有効であるとの報告もありますが 心療内科などで 向精神薬や抗不安薬に 精通している医師に相談いたしましょう。

手汗の病院での治療・手術

ボトックス注射

ボツリヌス毒素注射は 一定の効果が得られる方法として 手掌や腋窩に有効な治療方法です。
2cm間隔ぐらいで 局所的に注射をします。

ボトックス注射を打ってすぐ 即効的に というわけではなく 一週間ほどで 汗の量が減っていき 約4~6ヶ月間 効果が持続します。

ですので 定期的に注射を繰り返す必要があります。

保険適応外ですので 高額治療になります。※重度の腋窩多汗症のみ保険適応されています。
注射は思いのほか 痛い方もいるようです。

ETS手術

ETS胸腔鏡下交感神経遮断術は 手掌多汗症の治療法として 条件付きではありますが 推奨されている手術ではあります。保険適応

手汗をコントロールする 交感神経を切る手術方法ですので 手汗に関しては ピッタリと止まりますが しかし 代償性発汗も 100%に近い確立で起こると言われています。

その他の 術後の副作用や後遺症として 首や顔など 胸から上部に熱がこもる感じがあり 胸から下部の代償性発汗と併せて 真夏の外出など 行動範囲が狭まれます。

副作用についての不安や疑問が解消されるまで 医師との面談はしっかり行い インフォームドコンセントのしっかりした病院を選びましょう。

ビューホット

掌に(多汗症の部分に)細い針を刺し 浅い層から深い層まで 複数回に渡り高周波を照射し その熱で 汗腺を焼いて破壊して 汗を止める治療法です。

ワキガや腋窩の多汗症に 注目されている 比較的 新しい治療法なので あまり 馴染みが無いかもしれませんが 直接的に汗腺を照射しますので 多汗症の治療に有効とされています。

手掌多汗症の関しては 根治が可能とも 代償性発汗が無い とも言われていますが 口コミなども少なく 効果の程はわかりかねます。

実際は 効果を感じられなかった方もいらっしゃいますし 代償性発汗がある方もいます。

ビューホットの副作用・デメリット

  • 代償性発汗などの副作用の可能性
  • 針を刺したり 照射による 色素沈着
  • 術後の感染
  • 保険は利きませんので 高額治療になります。他

治療 手術の時間が短いので 体の負担が少なく 日帰りで施術可能です。

神経ブロック

ペインクリニックや麻酔科などで よく行われる 神経ブロック。

手足に限ってですが 交感神経ブロックを行う事もあります。

交感神経ブロック法は ETS胸腔鏡下交感神経遮断術よりも 術後のリスクが少ない 3年以上効果が持続する とされている反面で

副作用としての 代償性発汗が生じる率は 30~95%と高く ETS手術よりオススメとは言えない という報告や

スーパーライザーによる 星状神経節への照射は 副作用が認められない とも 有効率 90%と高い とかの報告があります。

多汗症に関しての 神経ブロック方法は 報告は少なく エビデンスレベルが まだまだ低い というのが実情のようです。

決定打に乏しい感はありますが ETS手術を施す前の段階の選択肢 と なるかもしれない方法とも ささやかれています。

手汗の病院での治療~手術 あとがき

医療は日進月歩

神経ブロックは 痛みを止める事に 特化したものだと思っていましたが 多汗症の治療にも適応されているとは 知りませんでした。

考えてみれば 根本原因が 交感神経の過剰反応に由来しますので 神経にアプローチする方法は 切るより他にも 体の優しい 良い方法があるのでは…? と 素人ながら思ったりします。

手掌多汗症を 根治するには 最終的には ETS手術しかない という風潮があるのかもしれませんが 医療は日進月歩!

わきがの根治は難しいが 多汗症に関しては有効だとされる ビューホットや 神経ブロック方法なども より良く精査されて 治療の道筋が整う事を期待したいですし 全く別の治療方法が 手掌多汗症に応用されてくるかもしれません。

ETS胸腔鏡下交感神経遮断術の 効果により近く 術後の後遺症や副作用が 大幅に軽減できる方法が 出てきてくれるまで もう少し待ってみる…と いうのも ガイドラインには載っていませんが 選択肢の一つになりえるのでは…?!と考えます。