ワキガの臭いに悩んでいる
臭いのせいで 社会生活、対人関係に弊害が出ているのでは

自分のワキガ体質、臭いに自覚のある方は その臭いを減らしたい ワキガを治したい とは 誰でも思うことでしょう。

ワキガ対策として 一般的には
臭いを減らしたい 軽減したいというのは 対処方法デオドラントや体質改善
ワキガを治したい 根絶したいとなれば 手術と治療プロの手を借りる
と いう方法がとられると思います。

とことが
ワキガの臭いを解消するためには 手術という手段しか選択肢を持っていない または それしか知らない と いう方が 結構いるのですが あなたはどんな感じでしょう?

ワキガや体臭の 悩みの大きさや深さは その置かれている環境によっても 臭いの強度によってもも違いますので個人個人 それぞれで 対策方法も違ってくるのです。

ワキガは 手術をしないと治らない!と 思っている方は せっかくネットも普及して 情報も取りやすい時代ですので 情報収集をし ワキガの臭いを軽減できることは 手術の他にも いろんな方法があることを知り 試してみた後で 手術に踏み切っても 遅くはありません。

ワキガが治るってどういうこと?

ワキガの手術に踏み切った無臭になる

そう思っている方も多く煎るようです。

思い描いていた臭いのなくなる自分と そうではなかった自分とのギャップにショックを感じるか田が多いのも現実です

体臭というものは 消えてなくなるもの出がありません。(起きてる限り)

わきのアポクリ腺を除去したとしても わきが体質の方は 他の部位にも アポクリン腺を保持している可能性が多いですので 他の部位の臭いが きつく感じるようになった…と いうのは よく言われている術後談です。

わきがを治したい考えている人は、どのぐらいまで改善できれば安心できるのか自分の中ではっきりさせておきましょう

ワキガの元であるアポクリン汗腺の発達具合や数や大きさによって臭いの強さワキガの程度はここによって違います一般的に区分けされるのはワキガの強度

自分のワキガの程度はどれぐらいのものなのか
自分のワキガは本当に手術が必要なのかどうか

を精査する必要があり それが分からない場合は 専門機関に判断してもらっても良いでしょう。
手術はあくまでも最終手段 と とらえて 自分でできるワキガの臭いのケア まずは デオソタントなどでの 対処療法から始められると良いのではないでしょうか。

軽度から中等度ぐらいまでなら食事屋デオドラントなどの対処方法で かなり臭いを抑えることができ実際に最近の質の良いデオドランドグッズなどを使いこなしケアできてる方も多いのです

少しでも臭いが軽くなれば 気分も軽くなります。
最終的に 手術治療を望んでいるのであれば そうした中で 色々な情報を集め 病院やクリニック選び 自分に合った施術方法など 吟味された方が有意義です。

対処療法ではケアできない 重度のワキガ体質の方はアポクリン汗腺の数も多いし粒の大きさも大きくひしめき合ってると言われています
外科的にアポクリン腺自体を取り除く手術を洗濯する方向で 考えておられる方も多いでしょうか

最近の ワキガの手術や治療も 美容面で配慮したやり方が増えてきて 新たなマシーンも 続々と開発されて 入院もせずに わきも切らずに 簡単に 早くできる と言う術式が流行ってきています。

昔は メスを使ってアポクリン汗腺を取り除く手術しかなかったので これは 大きな進化ですよね。

手術自体に抵抗を感じていた方でも 治療の手段 選択肢が増え 治療や手術への敷居が低くなったように感じます。

だが しかし メスを使って切る手術 メスを使わず切らない手術 どちらにしても 手術後の効果や成功率は選択した病院や 実際に施術した医師の 技量や経験 判断に大きく左右されます。

アポクリン腺の取り残しがないか?
施術者が 機器の使い方が慣れてるか?

治療医の腕によって、結果が異なる場合もあり 同じ手術でも 術後が違うことがあります。

ワキガに限らず 手術と言うからには 傷跡や後遺症、合併症や再発など リスクは必ずついてきます。

ワキガの 中から重度の蚊帳が手術をして デオドラントで凌げる位に改善する程度

…ぐらいの 厳しめの採点で捕らえているくらいが良いようです。

一般的によく見られる後遺症
再発
・代償性発汗
・他の部位から臭う
・臭いの変化
・ワキガの悪化

ワキガは体質でアポクリン汗腺からの汗と金によるもの

腫瘍や細菌感染のような自分の体に外から入ってきた異物とは違ってもともと自分の体に備わっている汗の線です

それを外科的に切り取ったり焼いたり消滅させたりするうのですから後々の体全体の状態リスクなどは個人によっても違いますしこうなる完治するとは100%言い切れないものでもあります当然です

ワキガの手術を検討している方でも最初はカウンセリングなど状態聞き取り調査から始まり薬物療法や制汗剤などのわきがの治療から始まる場合が多いです
その流れに沿って手術が必要かどうかが判断されます

実際にワキガの手術を希望している方の中でも脇汗の多汗症に悩んでる方が大変多く汗が多いので臭いも気になるという自臭症気味の思い込みの激しい方はたくさんいるようでデオドラントや食事などの対処療法で治療の一環として 勧められることも多々あります

ワキガの手術も メスを入れるものから 入れないものまで いろんな手術方式があり 病院やクリニックによって も保険適用か否かで 価格は大幅に違うし

術後の心配や リスクばっかりを考えていては なかなか 治療やワキガの手術に踏み切れないかもしれません。

後遺症などのリスクも理解したうえで 臭いの軽減による心と生活のア安堵を両天秤にかけ 自分にとってどの選択はよいのか

心の準備と 知識の準備 費用の準備などなど 諸々の準備というものは必要です。

紆余曲折 決断に至るまでの 考える時間というのは とっても大切です。

20年以上体臭多汗の治療に従事してきたわたしの個人的意見ですが、
やはり腋臭については、「悩みの強さ」が全てだと思います。
手術は本当に悩んでいる人だけ受けるべきです。
手術によって、「腋臭の悩み」が解消することで、将来、積極的で前向きで有意義な人生をおくりたいと心から願う人だけが受けるべきです。

少しでも、手術に「不安」や「疑問」があるなら少なくとも「今」は手術療法を選択せず、デオドラント剤などで一時的に対応すべきだと思います。