メスを使う手術~切らない手術と ワキガの手術も 今では たくさんの方式があります。

医療の現場は 100%と言い切れない場所ですし どれも メリット・デメリットを抱えています。

わきが手術 再発や失敗のリスクを受ける女性

わきが手術のポイント

直視下手術の法剪除法が 保険適用のワキガ手術の方法としまして一般的です。

脇の下を切開し ペロンと皮膚をめくって アポクリン汗腺を 医師の目視によってを取り除いていくという この術式は 失敗や後遺症が少なく 手術の結果が安定しているとされています。

保険が適用されれば 3万~5万円程度と 費用も安価ですみます。

非直視下手術法は それに対してメスを入れずに 専用の機器によって行われ アポクリン腺を 掻き出したり 温熱で消滅させたり 美容クリニックなどでの 傷口が小さくてすむ 美容面を考慮した わきが治療が人気です。

保険適用のところは なかなか少ないですが 自由診療(保険の効かない診療)であれば 30~万円ほどかかってしまうところが難点です。

自身のワキガの臭いの症状に ぴったりマッチした手術方法・治療方法が見つかって しっかりとした技術力や 経験など 技量を持った施術者に巡り会えることが 最大のポイントです。

一般的によく見られる 術後の経過や後遺症などのリスク

  • 代償性発汗
  • 術後臭
  • 再発
  • 他の部位から臭う
  • 臭いの変化
  • ワキガの悪化
  • ケロイド
  • 拘縮(こうしゅく)
  • 脇毛が生えてこない
  • 傷口の後遺症…などなど

代償性発汗

代償性発汗わきがの手術を施した 脇の下の発汗が止まる または減る その代償に 別の部位の お腹周りや背中、お尻 太ももなどの下半身からの発汗が著しく増える状態を言います。

代償製発汗が起こりやすいのが 削除法、吸引法、掻爬法など 脇の下の組織をごっそりと取り去ってしまう事で ワキの汗をかく発汗機能が失われ 代わりの場所から発汗してしまいます。

発汗の程度は 個人によって違い ただの 汗かき程度から 大量の汗をかく多汗傾向まで

重度のわきがの方は 腋下多汗症を併発している場合も多く 代償性発汗の後遺症で 思いもよらない 他の部位からの多汗で 新たに悩みを抱える事になってしまいます。

再発

一定的な効果が見込まれる 剪除法わきが手術は 直視下手術で施術者が目視で確認しながら アポクリン腺を取っていく方式ですが 施術者の技術力や腕前によって アポクリン腺が取りきれ無い場合、残ったアポクリン腺が活動し 再発することにもなります。

機器を使う非直視下手術では アポクリン汗腺の取りこぼし率が高く 数%は残ると言われており 残ったアポクリン汗腺からの 再発する可能性も多くなってきます。

わきがの臭いが更に キツくなる事もあります。

他の部位から臭う

わきが体質の方は 脇の下だけではなく アポクリン腺が 全身のほかの部位に分布している事も珍しくはありません。

手術 治療により 脇の下のアポクリン腺を取り除けたとして 脇の下から出るはずだった ニオイの行き先が 別の部位のアポクリン腺に移行してしまう事も考えられています。

術後臭・わきがの悪化とも言われていますが 腋下のニオイは減少しても 他の部位がニオイの発生元となるケースや 部位が特定できずに 体全体からの 体臭が重くなると言うケースもあります。

脇の下以外から 手術前には無かった 新たなニオイが発生して 臭いの変化に戸惑う方もいます。

ケロイド

傷跡が治りにくい体質の方や 傷跡がケロイドになりやすい体質の方は 痛みやかゆみを伴い 数ヶ月にわたる長い期間 後遺症に悩まされる事になります。

ケロイド体質が 重い状態の方は 腫れる事もあり 術後の傷跡が広がってしまう事もあります。

傷口の後遺症

血腫けっしゅ
皮膚の下に 血が固まり溜まってしまう状態。
手術の時に 出血し 流れたときに起こります。

血腫ができたままの状態を長く放置していると 固まってしまい 色素沈着を起こす事もあります。

穿刺針を刺して血を抜けば治ることもあります。

傷跡が化膿

手術の為の患部の開口(傷口)に 細菌が侵入して 化膿してしまう場合や膿が溜まる場合があり 皮膚にダメージを与えます。

腋の下の皮膚はデリケートなので このような 二次的な後遺症は 治りにくくなってしまう事も多いです。

日帰り手術や 傷跡が残らない という評判の手術でも 安易に考えず 傷口からの細菌を侵入させないように気をつけましょう。

  • 手術前には 腋の下を綺麗に洗っておく。
  • 手術直後は 入浴時に濡らさないように また 汗を極力かかないように 安静にしていましょう。
  • わき毛の処理も 控えましょう。

拘縮:こうしゅく

腋の下の 皮膚を大きく切り取る手術方法切除法などが 主流とされていた時代に 多く見られた後遺症です。

拘束されて縮こまる と言う意味合いの漢字ですよね。

広い範囲の皮膚を切開し 縫い合わせますので 物理的にも無理が生じます。
手術痕が引きつったり 腕が上がりにくくなる など。

時代と共に わきがの手術は 傷口は小さくなる方向で進んでいますので 近年では 拘縮が起こる率も低いです。

脇毛が生えてこない

腋の下の皮膚がダメージを受けることや 傷口が多少なりとも発生しますので その跡からは 毛が生えてこない事があります。

女性は 生えてこない方が歓迎ですが 男性は少し気になるかもしれません。

ワキガ手術 失敗のリスク 後遺症 まとめ

手術後の経過は 各人によって違いますし 医師の熟練度により 状態や術後の結果の差も出てくる と言われているのが わきがの手術です。

信頼できる病院を選んで しっかりとカウンセリングを受けて 治療をスタートさせましょう。