ワキガの手術は

  • 直視下手術法医師が目で見て確認しながら患部の除去を行う術式
  • 非直視下手術法機械によって患部の除去を行う術式

と 2通りの治療・手術方式が挙げられます。

ワキガの手術

剪除法(せんじょほう)とは

直視下手術法の代表的なものは 切開剪除法 (せっかいせんじょほう)

保険適用が受けやすい手術法で 積極的にワキガ治療を行っている 大きな病院の形成外科などでも だいたいがこの剪除法(せんじょほう)でしょう。

わきがや多汗症の手術として 古くから行われている術式ですが 患部付近の皮膚をメスで切開し裏返し 医師の目視の元で アポクリン汗腺を ひとつひとつ 確認しながら除去していく手術法です。

どんな治療・手術にも言えることですが 外科医が全て手術が上手いとは限りません。
手術医の技術や技量 経験により 結果の成功率に違いが出るのは否めません。

病院選びは非常に大切で カウンセリングをしっかり受けて その辺を見極めましょう。

剪除法のよいところ

わきがと診断されて健康保険が適用されましたら 5~8万円程度の自己負担ですみます。

わきがの大元の原因アポクリン汗腺を取り除くわけですから 臭いの消える率が高く 術後の効果が安定して信頼が置かれています。

剪除法のデメリット

  • 確実性は高く効果の安定と引き換えに傷跡が残る事が 女性にとっては大きなデメリット
  • 手術の成功率は医師の実力に比例します。アポクリン汗腺の取り残しがあれば 再発の可能性があります。
  • わきの下にメスを入れるため 傷口回復までの時間ロスダウンタイムが生じます。会社や学校を休んだり また 休む理由を大っぴらできないところも悩みの種になります。
  • 脇毛が生えてこなかったり 少なくなることがあります。女性にとっては 手間が省けて良いかもしれませんが 男性は複雑なのではないでしょうか。
  • アポクリン腺は 効果的に除去できますが エクリン腺の完全除去は難しい。

剪除法 手術後はどうなる?再発は?

術後臭

術後臭の心配は ほぼ無いと言われるのが切開剪除法 (せっかいせんじょほう)です。

但し 医療に完璧は無く アポクリン汗腺の取り残しがある場合は ニオイの再発の可能性が出てきます。

ダウンタイム

入院の必要はありませんが ダウンタイムが生じます。

脇の下を切開していますので 術後の脇の固定が大切になります。
術後2~3日は 活発に動けないので どう過ごすかを考えてたほうが良いでしょう。

圧迫固定が上手くできた場合傷跡はきれいに早く治ります。
圧迫固定が上手くできなかった場合内出血や腫れ あざ

圧迫固定のガーゼを取って包帯を外し抜糸をします。

抜糸後の傷口の化膿など 思いもよらないところで 困難を招きますので 無理はしないようにいたしましょう。

ダウンタイム日数・手術から抜糸までのスケジュールや 入浴の有無など 事前に細かく聞いておきましょう。

interval
interval
interval

手術に踏み切られた方は なみなみならぬ思いで 決意されたとおもいます。

手術の成功無臭になるわけではなくて 人それぞれの体臭と この先も付き合っていかなければなりません。

ニオイの発生するからくりを知り 食事や生活習慣に気をつけながら 日々を健康的に過ごして ニオイの少ない毎日を維持してまいりましょう。

interval