男と女の間には 深くて暗い河がある…

お顔とファンデの間には どろどろテカる汗がある・・・

お化粧前の女性

ファンデが崩れない、テカりもなくなるという人気のテクニック

今日は 化粧のノリが悪いわぁ・・・なんて

仕事疲れや食生活の乱れなど お肌の調子も悪くなる時がありますね。

夏は特に 汗かきさんでなくとも 化粧崩れの激しい時期です。

最近のメイクテクはすごいです。
お肌の調子もなんのその。

ベースメイクが崩れないと言う 評判の裏技3テクニック+2選をご紹介します。

お粉オバケ

化粧下地やファンデーション どんなものを使っても良いという 有名なテクニックです。
以下の1~4の順序で行うと良いようです。

ファンデーションを塗る

スキンケアをした後 下地を塗って いつものようにファンデーションを塗ります。この時 いつもより ファンデを やり過ぎっていうくらい塗りたくります。

スティック状のものや クリームタイプのものがカバー力があるので良いらしい。リキッドは水分が多いのでカバー力は弱め。

お粉を塗る

お粉を ボフボフ やり過ぎっていうくらい はたきたおします。
名前どおり 顔がお粉のお化けになります。

お粉はルースパウダー良いらしい。

水スプレーをする。

水スプレーを シュッシュッと…顔から滴る手前ぐらいまでかけます。
水スプレーよりミスト化粧水の方が良いと言う意見も多い。

水分を取る。

ティッシュで ペタペタ押さえて水分を取り除きます。

顔がお粉のお化けが取れて サラスベに!
カバーは しっかりしてるのに ぼってり厚く見えない肌になります。

お粉オバケ やった人の感想

  • お化けになった後は、やはり顔の白さに不安になります。
  • 化粧水は滴るくらいかけました。洗面台が汚れ若干気になります。
  • 劇的にサラサラになりティッシュオフ後に感動です。
  • 塗り固めたファンデーションも、違和感が無くなって馴染んでいるのです。
  • 肌が明るくなった気がします。
  • 化粧全く崩れていません。
  • 朝~夕方頃までなら化粧直しをしなくても大丈夫そうです。
  • 夜になると Tゾーンが気になりました。
  • 慣れるまではなかなか加減が難しい

『お粉オバケ』というファンデーション(商品名)ではなく テクニックの技の名称ですので 美容部員さんには聞かないようにお願いします。

72式

特に汗っかきさんに超オススメの技なんだそうな。

UV下地+パウダーファンデを削ったものを混ぜて使用。
クリームファンデーションの様相になります。

その後 水スプレー または ミスト化粧水をシュッシュッし ティッシュで 押さえて水分を取ります。
カバー力が欲しければ水スプレーの前に お粉をはたきます。

UV下地は ビオレ(ピンク)が効果があってコスパ的にも良いそうです。

ベースメイクが崩れないので 汗っかきさんでも余裕だと評判です。

しかし ものすごく乾燥するらしい・・・
一日中 クーラーの効きすぎた職場にいる方はお気をつけて。

潜水式

いつもどおり 下地+ファンデ(ベースメイク)を施した後、ベビーパウダーを ボフボフ やり過ぎっていうくらい大量にはたきます。
日焼け止めをつける人はファンデの前に。

洗面器に水を張り 30~60秒くらい顔を付け潜るます。
お湯じゃないほうが良いらしい。

ティッシュで 押さえて水分を取ります。

荒技ではあるが ファンデーションがかなり密着して
水スプレーよりもムラがなく仕上がるのが良いようです。

潜水式 やった人の感想

  • 化粧をした状態で顔を水につけるなんてしたことがないので半信半疑
  • 30秒って結構長いです
  • ティッシュオフした直後
  • 肌がサラッサラスベスベ感を味わえずっと触っていたい
  • 通勤時の汗で化粧は崩れ夕方まで気になりません。ていません。

以上 荒業ともいえる3つのテクニックですが いかがでしたか?

元々オイリー肌の人用のテクニックなので、夏場はもちろん冬の暖房で 汗をかいてテカる いう人におすすめ!との事。

メイク崩れを防ぐ方法 2テクニック

そこまでしなくても…と言う方のために
化粧崩れを防ぐ ひと手間テクニックを ふたつ。

霧吹きで水を吹きかけるだけでも崩れなくなる!

基礎化粧品

水分補給

ベースメイクのあとに霧吹きで水を軽く吹き付る
水でも良いですが肌水やミスト化粧水を使った方が良いようです。

水分を吸い取り

スプレーしたらティッシュでおさえよう
スプレーしたあとは軽くティッシュやスポンジでおさえて水分を馴染ませ、余計な水分を吸い取りましょう。

ほっとくと乾燥してしまうので注意です。

ファンデ前にティッシュパックする

ファンデーションをつける前に お肌に化粧水をたっぷり染み込ませると その後のノリが断然違ってきます。

顔の上にティッシュを乗せ、その上から化粧水をスプレーしてしばらく化粧水パックする

潤いを補給してぷりぷりになった肌に、ファンデが吸いついてくるという感じ。
化粧ノリも良くなるしナチュラルに仕上げることができます。

乾燥しすぎてすぐ皮脂でテカる人にオススメです。

顔汗がひどい場合は 効果はあるのか?

ベースメイクのあとに 肌水やミスト化粧水を霧吹きで吹き付る
ファンデーションをつける前に 化粧水パックする

という方法は 以前から言われていて 私も何度か試した事があります。

すごく気持ちがよくて化粧のノリも確かに良い出来具合です。

季節的には 春とか秋とか 汗がそんなにひどくない 一瞬の時期ですね。
寒い時期は 冷たいのでした事はありません。夏は

汗の量のほうが多いので すぐに拭いてしまいます。
こすって 拭いてしまうのがいけないのでしょうが ファンデーションも すぐ取れてしまいますので それ以前の問題で 化粧を保つ事すら難儀です。

ファンデーションの裏技テクですが、ファンデーションを肌に密着させる といいますか 化粧崩れを防ぐのに有効だと感心しました。
ですが 汗を止める 制汗するというテクニックではないですので お間違えのないように。