わきがはワキ下から発する臭いの事を指しますが 臭いと言うものは 服を着て隠せる代物ではありません。

衣類

逆に 臭いが服についてしまうとか 服の腋下に 黄色い汗染みが付いてしまって洗濯しても落ちない と言った 副産物的な悩みが発生します。

『衣食住』と言われるように 人類にとっては 服は必須項目。

わきが体質の方にとって 臭いの強弱・発症率は 服装によって確実に変わってきます。

女性にとっては 服が大好き!な方は多いでしょうか。
お洒落もしたいし 50%バーゲンの時はワクワクしますよね。

しかし 多汗や脇の下の臭いがきつい場合は 服や 服装スタイルを選ばなくては参りません。

ファッションの事はよくわからない…と 無頓着になっている方は 今、着ている その服が 臭いの発生源となっているかもしれませんよ。

服から臭うのはなぜ?

着ている服系統によって その日は臭いが強かった…などという経験はありませんか。

  • 下着を着けていなかった。
  • 汗を吸わない素材を着ていた。化学繊維 ポリエステルやナイロンなど
  • ピッタリとしている 肌に密着し身体にフィットした服を着ていた。

などなど・・・大抵はこういった服装の場合

脇の下から出た汗を 服の袖下あたりの箇所に吸収してしまって 雑菌が繁殖し 臭いを発してしまう事が多々あります。

服を選ぶ時には 以下の ↓↓ 性質を併せ持った素材・デザインの物を吟味いたしましょう。

  • 吸湿性汗を吸い取る機能
  • 速乾性水分を蒸発させる機能
  • 通気性風通しの良い性質

特に 人工的に作られた ポリエステルやナイロンなどの化学繊維は 汗を吸い込まない、発散しない性質を持つため 脇の下に高温多湿な ニオイ菌が好む環境を作ります。

わきは閉じている事が多いですし その環境にいる雑菌は より繁殖してしまい 時間がたつと わきがの臭いを発しやすいものとなります。

わきが対策の服装とスタイル

ノースリーブはNG

タンクトップ
通気性がよいからといって 真夏にタンクトップやノースリーブ 一枚はNGです。

わきを密着しなくて良いと思われますが 逆に 腋下を保護するものが なにもないので臭いが拡散してしまいます。

夏場はTシャツ一枚とかでも 少々危ないです。

暑くても 重ね着できるように考えておく

わきが対策に適した服装スタイルは、汗を吸いやすくて(吸湿性)乾くのが早い素材(速乾性)のものを中に、柔らかくて 肌に密着しない ゆったり着こなせる(通気性)デザインのものを羽織りものに選ばれるとよいかと思います。

お高い服でデザイン性の高いトレンド物を買ったとしても ダメになる率が多いので 少々もったい気がします。

同じ お金をかけるなら インナーには質の良い素材のものを選んだほうが良いです。

最近の傾向としては 下着のようなデザインで インナーのようなアウターのような…
下着と服の区別を取っ払ったような 見せても良い下着風トップスが沢山あります。

少々値段がお高くても この手のものは 何枚あっても重宝します。
わきが対策には できれば 半袖七部袖など 袖があったほうが良いですね。

重ね着
タンクトップやTシャツ一枚とかだと臭いが放出されやすく危ういので 夏場はの暑い時期でも

冷房対策も兼ねて 重ね着をする、または、できるようにしておく事が安心です。

身体が泳ぐような 楽チンチュニック系のトップスも充実していますし 前開きのもので羽織れるタイプの良いものを見つけた時は 2~3枚ぐらい買っておきましょう。
色違いで 黒 白 茶 とか。

ワンパターンと思うかもしれませんが 色や柄が違えばイメージが 全然違いますので ボトムスを替えて 雰囲気を変えるとかの工夫で お洒落も楽しめます。

余談ですが 昔 会社の先輩で 足の大きな人がいまして(25cm 女性)
パンプス派なのですがサイズが大きい為 サイズ展開が なかなか無いのです。
気に入ったものがあったら 取り寄せてまで 全色買うと言う 大胆な人がいました。

同じデザインのものを 複数 買う事は普通はしないと思います。

しかし 汗かきや 腋臭の人が 乗り切れる服って限られてきますので 売り切れると 手に入りません。

気に入ったものは 色展開で 2~3着 買う という発想の転換も時には必要です。

Tシャツなどのカットソー

通常の生地は 布帛といいまして 縦糸と横糸で織られたもの。
カットソー素材とは ニット組織(編まれたもの)を布状にしたもの。

カットソー素材伸びがあってスポーツウェアをはじめ 色んなアイテムに重宝する材質です。

下着やインナーもカット素材です。

夏に活躍する Tシャツですが Tシャツの素材は綿がほとんどですが まれに アクリル混紡とかのものがあります。

天然100%より混紡したほうが 原料が安く出来上がる場合が多いのですよね。

またまた余談ですが カジュアル系のお店で買ったお安いTシャツ 3枚で1000円ぐらいのもので 色柄が良かったので 安いと思って買った時のこと。

妙に肌触りがわるいなぁ と思って よくよくみると 綿 30% アクリル 70%でした。

Tシャツは 綿100%が 当たり前!と思ってたので 何も考えずに 即買いしてしまいましたが 汗かきなので 真夏に着ると 不快感が半端なかったです。

子供には天然素材を。気をつけてあげましょう。

Tシャツわきがのお子さんや 肌疾患のある アトピーのお子さんに限らず

トップスは 天然素材のものを着させてあげたほうが良いです。

特に肌に直接ふれる Tシャツや肌着など 子供は感覚がわからないので 肌感覚を覚えさせておいてあげましょう。

買われる時は デザインやお値段も大事ですが
服の裏についている品質表示を確かめる事をオススメします。

ボトムは そればかりとは限りません。

ジャージ系のスポーツタイプや スパッツなど カット素材で伸び縮みが効いているものは
綿など天然素材だけでは その伸縮性を出すのが無理なので スパン糸が編みこまれています。

エステル○%と 表示されています。
エステルとは わきがの天敵 ポリエステルの事です。

伸縮用のスパンは 混率も10%にも満たないので 主素材が 綿などの天然であれば 気にするものではありません。

パンツなどのボトムを探す際に 天然 天然…と探していても スウェットか Gパン、生地モノしか見当たらないでしょう。

ボトムは わきの臭いとは 直接的に関係ないと思われますので 特に お子さんには 自由度の高い伸び縮みのきく 楽なボトムをはかせてあげて宜しいと思います。

天然素材・化学繊維 – 基礎知識

天然繊維

綿コットン
吸湿性や通気性に優れる。肌触りも良い。化学繊維に比べて乾きが遅い。
リネン
吸湿性、通気性、速乾性に優れる。清涼感があり丈夫。雰囲気的にも良い感じでナチュラル派には大人気です。チクチク感があるため ジャケットやワンピ、ボトムに最適。
シルク
通気性と放湿性が高い。テロテロ光沢があり美しく高価な雰囲気。絹の靴下などはサラリーマンのお父さんにはオススメです。
ウール
吸湿性と保温性に優れる。ウール100%は普通に洗濯機を回すと かなり縮みますので ドライで洗剤もウール可能なものに。編んだものは 室内では暖かいですが 風を通すので 外では案外 寒い。臭いもこもりやすい。

化学繊維

ポリエステル
通気性、吸水性が低い。モノのよりますが速乾性は綿より早い。
ナイロン
通気性が悪い。水を通しにくい。
ポリエチレン
吸水性が低い
アクリル
速乾性はあるが、吸湿性が低い

近年の服飾の機能性素材の開発ぶりには目をみはるものがありますね。

新しい素材が出てくると それに順じたデザインが考案されます。
この先 消臭対策に効を奏する 画期的なデオドラント衣類の登場を期待せずにはいられません。