寝ている時にも汗をかきます。
汗かきの人でも そうでない人も経験があることだと思います。

就寝時の汗

就寝時の汗は 3タイプ。

寝ている時ぐらい 汗とはかかわりたくないですけどね。

寝ている時にかく3つの汗

寝汗(ねあせ)は熟睡に必要

人は誰でも寝ている時に コップ1~2杯分ほどの寝汗をかくと言われています。

寝汗も 生理的現象です。

寝汗寝汗は エクリン腺から出る汗で タイプもサラサラ汗ですので 異常な汗ではありません。

睡眠が深くなる寝入りばなの時に 多く発汗する傾向があるようです。

人間は 昼間は体温は上がり 夜は下げて熟睡できるというサイクルがあり 身体の機能を維持しています。

そのため 夜寝る時には 体温を下げる為、寝汗をかくと言う事も大切な事なのです。

夢を見た時

夢を見る時で 怖い夢を見た時とか 誰かに追いかけられてる夢とか サスペンスドラマなどでよくありますよね。
犯人に拳銃を突きつけられたりの回想シーンで 突然 目覚めて 汗びっしょりなシーン。

夢を見やすいときは 朝方のレム睡眠時。

興奮状態になる夢を見た時に 一時的にですが 脳が刺激されて 多くの汗をかきます。

病気から来る寝汗には注意が必要

寝汗は一般的にサラサラとした良い汗ですが 盗汗(とうかん)と呼ばれる 脂汗の様な ねっとりした寝汗には注意が必要です。

首から胸あたり・頭・腰から股のあたりにかく盗汗は 身体の疾患があったり どこかが弱ってる場合があります。

虚弱体質や精神不安症、不眠症、結核などの消耗性の疾患などが疑われます。
一般的な寝汗とは区別して 病院へ行き 診断をしてもらいましょう。

お風呂上りから就寝まで

他のページでも書いていますが サラサラの良い汗を出す為には お風呂での汗腺を鍛える入浴方法 などが効果的です。

お風呂上りが大切なのですが 身体の芯までホカホカ温まった体を 暑いからと言ってクーラーの効いた部屋で 急激に冷やすと良くありません。

皮膚の体感温度が 体温が下がったと勘違いして 汗腺を塞いでしまい せっかく出た汗を止めてしまいます。

汗は 早く引くので快適を感じますが しかしこの時 脳はまだ あったかい状態。
そのまま寝ると 寝ている時に すごい汗をかいてしまいます。

寝ている時寝汗とは また働き方の違う大汗をかいて 朝になると身体は冷えてしまっています。

そうなると 昼間はだるくなってしまい 疲れ易くなります。

夏のダルさや夏バテは このような 就寝時の過ごし方も 大きく関わっているものと推測できます。

良い汗をかけない人は 不眠症になり易い?

不眠症脳内の温度が下がらないまま寝ると 代謝が下がらずに 夜 なかなか眠れないとか 起きた時に ぐったりしたりします。

これは よい睡眠をえられず 熟睡ができずに 朝を迎えてしまう為です。

効率良く体温を下げる為の 良い汗をかけない人は 汗腺機能が上手に働かずに低下していると考えられます。

日ごろから 汗をかきにくい人良い汗をかけない人は そういった理由から不眠を起こす事も充分ありえます。

不眠症の人は 日ごろ 汗をかかない人が多いのも実情です。

不眠症対策としても 閉じてる汗腺を開き 良い汗をかく為には 日ごろの生活の中で 有酸素運動を取り入れたり、入浴時に汗腺トレーニングを実行したりしてみましょう。

良い睡眠は 良い汗をかくことで得られます。